雑学・節約術

速達はポストに投函できる?出し方や料金、日数など注意点まとめ!

速達はポストに投函できる?出し方や料金、日数など注意点まとめ!

急ぎの用事で、手紙を出す時など、速達は非常に便利ですよね?

宅配便なら、佐川急便とかクロネコヤマトにお願い出来ますが、手紙だけを宅配で出す方は少ないと思います。

 

もっとも今はクロネコなどでメール便なる物がありますので、手紙とかも宅配業者にお願いする方も増えているかも知れません。

そして郵便局のサービスでも、厚みが2cm以内なら、速達扱いの「レターパック」などもあり、より便利になりましたよね?

 

でも、速達って実はポストに投函できるってご存知でしたか?

 

本来は郵便局の窓口に行かないといけないのが、ポストに投函出来ればもっと便利ですよね。

ポストに投函出来れば、何時でも速達を出すことが出来るのが嬉しい所。

 

今回は、速達をポスト投函する時の出し方や料金、日数などの注意点をまとめてみました。

 

 

速達をポストに投函する時に注意することは?

郵便局で速達を出す時には、まず速達扱いになる郵便物の種類が大事になってきます。

速達で出せる郵便物はといいますと。

 

check!!
  • 定形郵便
  • 定形外郵便や書留
  • はがき
  • 雑誌などの刊行物
  • ゆうメール
  • 心身障害者用ゆうメール
 

などがあります。

これ以外は速達で送れないので、注意して下さい。

もちろん!現金はNGです。

 

 

速達で郵便物を送る時には、基本代金にプラスして、速達代金を支払う必要があります。

ポストに出す時には、速達用の代金を含めた切手を貼らないと、料金不足になってしまうんですね。

 

そして、まだ注意点はあります。

 

速達で郵便物を発送する時には、速達代金の切手を貼るだけではなく、速達であることがわかりやすくなるようにしないといけないんです。

 

郵便局の窓口などでは、スタンプを押してくれますが、それと似たようなことをしないといけないんですね。

 

 

check!!

縦型の郵便物の右上に、横長の郵便物なら右側面に、マジックなどを使って赤線を引く必要があります。

 

切手の横に「速達」と書いてももちろんOKだと思いますが、郵便局では、赤線だけで速達とわかってくれます。

むしろ赤線ではないと、速達扱いにならない可能性もありますので、気を付けて下さい。

速達はポストに投函できる?出し方や料金、日数など注意点まとめ!
 

 

速達にかかる料金をまとめますと。

 

check!!

一般の郵便物の場合
  • 250gまでなら、プラス280円
  • 1kgまでなら、プラス380円
  • 4kgまでなら、プラス650円




ゆうメールなどの場合
  • 2kgまでなら、プラス320円
  • 3kgまでなら、プラス470円
 

 

重すぎる郵便物は、ゆうパックなどを使うようにして下さい。

速達と書いておかないと、もし郵便料金が不足していた場合、自分の所に戻ってきてしまいますし、料金不足で届いた郵便物は、相手の人を不快にさせます。

きちんと郵便物の重さを計った上で、速達代金を上乗せした切手を貼るようにして下さい。

 

 

そして、一番の注意事項は日数です。

 

一般の郵便物であろうと速達であろうと、郵便局の窓口でない場合は、ポストの回収日にしか回収されません。

 

せっかく、速達扱いにしても、回収時間が過ぎていれば、次の日に発送ということにもなります。

 

もしポストで速達を出す場合には、郵便ポストの裏側にある回収日などをチェックしておく必要があります。

速達扱いにしても、日数がかかってしまうことがあるので、そこには注意が必要です。

 

 

 
スポンサーリンク

速達は土日祝日でも大丈夫?

一般の郵便物は、土日祝日などには発送してませんが、速達はちゃんと発送されます。

ただ、郵便ポストに投函する時には、日付はチェックしておかないとダメです。

 

土日に出しても届くとは言え、ポストの回収回数が、平日よりも少ないため、翌日扱いになってしまうことも。

 

時間帯や日時などをあらかじめチェックしておけば、速達はポスト投函でも安心ということになりますね。

 

 

ただ、これは郵便局の窓口でも同じなのですが、

速達は追跡サービスが付いていません。

 

もし速達で、更に追跡サービスを付けたい場合は、更に金額を上乗せ(プラス160円)して、特定記録郵便として送るのがおすすめです。

また、特定記録を付ける場合には、ポストに投函は出来ないので、郵便局の窓口に行かないとダメです。

 

 

速達でもポストに投函は出来ますが、料金などしっかりと計算しないといけないのがネックでもあります。

もしどうしてもポストに投函しないといけない理由がない限りは、やはり郵便局の窓口で、料金を払った方がわかりやすく安心です。

 

 

check!!

余談ですが、速達よりも早く届くという「新特急郵便」なる物もあります。

その日の午前中に出せば、その日の夕方には届いてしまうという、とても便利な配達システムです。

 

ただ、こちらも郵便局の窓口でないとダメですし、事前に登録が必要になります。

また、どこでも使えるサービスではなく、北海道なら札幌市など、都市部だけの限定サービスになります。

どちらかと言うと企業向けのサービスですが、個人でも利用できない訳ではないので、知っておいて損はないと思います。

 

 

 

 

履歴書は速達で送るべき?

速達はポストに投函できる?出し方や料金、日数など注意点まとめ!
速達で履歴書を送りたいと思ったことはありませんか?

 

速達の方が意欲をかってくれると思われることもありますが、実は履歴書などは速達で送らない方が良いんです。

 

書類選考の時点で、速達のマークは非常に目立ちます。

速達のマークが付いていて、期日ギリギリに郵便物が届いたら、それは逆に準備不足を疑われてしまいます。

 

ですので、履歴書など期限がある物は、ギリギリで速達で出すのではなく、期限の5日前までには送るようにして下さい。

 

 

とはいえ、履歴書の期限が迫っていて、どうしようもない時には、遅れるよりはマシなので、速達で送るしかありません。

印象が悪くなるのは覚悟の上で、間に合わないよりは間に合った方が良いですよね?

 

ただ、履歴書を速達で送らない方が良いのは、間違いがないと思います。

 

 

また、履歴書は薄いので問題ないですが、多少厚みがある場合は普通に郵便を送るよりも、レターパックなるサービスを利用するのも良いかと思います。

 

相手のポストに投函するタイプと、相手に直接手渡しするタイプの二種類がありますが、どちらも速達扱いになるからです。

 

 

厚みが2cm以下の郵便物で、軽い物ならレターパックを利用すると、普通の宅配便よりも安く、しかも早く届くのでオススメです。

レターパックの値段には速達代金も含まれているので、追加料金がかからないのも嬉しいですね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

速達はポストに投函できる?出し方や料金、日数など注意点まとめ!
速達って、郵便局の窓口でないと送れないと思われる方も多いかと思います。

自分では速達で出したつもりで、切手を貼ったのに、届くのに時間がかかってしまったなどの悩みをお持ちの方も、これまた多いと思います。

速達は、次の日に届くというサービスではありません。

 

もし次の日に届けたい場合、速達を使うなら、ポストに投函するよりも、窓口を使った方がより安心できるのも間違いないです。

 

でも、どうしても窓口を使えない場合ってありますよね?

何しろ、窓口の営業時間は、普通のサラリーマンの方の仕事が終わる前がほとんどですから。

 

結論から言いますと、速達はポストに投函出来ます。

ただ、前述した注意事項を守らないと、結局は速達扱いにならないことも。

 

ですので、ポストに投函する際には、ポストの回収日など、しっかりとチェックして下さいね。