男性はもちろんですが、女性でも加齢臭はあるので、年齢を重ねるごとに、気になってくる臭いでもありますよね?

私もアラフォーということもありまして、加齢臭を気にするようになり、今はそれを何とかしようと、アロマペンダントとアロマオイルで凌いだりしています。

 

やはり加齢臭に限らず、臭いというのは、他人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、気にする所ですよね?

 

では、そもそも女性の加齢臭の臭いの原因は、何でしょう?

 

臭いの原因と予防法がわかれば、正しく加齢臭の対策が出来ますよね?

 

ということで、今回は女性の加齢臭の原因と予防法について、まとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

女性の加齢臭の発生原因とは?

男性でも女性でも気になる加齢臭ですが、何故男性がクローズアップされるのかと言うと、

男性の方が女性より皮脂が多いからと言われています。

 

でも、加齢臭は30代からでも出ると言われ、女性にとっても大問題なんですね。

 

では、加齢臭はどうして発生するのでしょうか?

 

 

check!!

加齢臭の原因となるのは、「ノネナール」という成分です。

女性男性に関わらず、人間は汗をかくと、汗と一緒に皮脂などが出てきます。

 

この皮脂の中の脂肪酸が酸化することで、過酸化皮質という物質に変化するんですね。

若いうちは、この皮質を抑えるように体が動きますが、加齢により、皮脂を抑えることが難しくなります。

 

また、ノネナール以外にも、「パルミトオレイン酸」という物質も関係していて、

同じように皮脂と混ざることで加齢臭の原因となります。

パルミトオレイン酸は、若いうちには、余り分泌されません。

 

加齢によって、分泌が多くなることで、こちらも加齢臭の原因とされてます。

 

女性に加齢臭が出るのは、女性ホルモンの分泌が少なくなってくるからとも言われています。

 

女性に皮脂成分が少ないのは、実は女性ホルモンのお陰なんです。

でも、加齢に伴い、女性ホルモンの分泌が少なくなってくると、男性と同じように、皮脂が臭ってくるんですね。

 

この女性ホルモンが少なくなってくるのは、個人差はありますが、大体35歳前後と言われています。

 

つまり、アラフォーと呼ばれる世代が、一番加齢臭の危険があるわけですね。

まだ若いと自分では思っていても、女性ホルモンの分泌が少なくなってくる30代後半以降になったら、加齢臭が発生する危険はあるんですね。

 

加齢臭は、香水などで誤魔化すことが出来ない程の臭いになりますので、若い頃と同じスキンケアをせず、ちゃんと加齢臭対策を取った方が良いと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

女性の加齢臭は、どこから臭うの?

皮脂は体中にありますが、加齢臭は、一体どこから臭ってくるんでしょうか?

 

どこから発生するかがわかれば、対策も取りやすいですよね?

 

 

✅加齢臭の発生しやすい場所

まず、そしていわゆるデリケートゾーンと呼ばれる場所、

更には耳の後ろにも要注意です。

また頭皮背中胸元など。

 

 

体の中でも皮脂線の量が多い場所を挙げてみました。

皮脂の量が多いと言うことは、加齢臭が発生しやすい場所でもあるんですね。

 

 

皮脂が多い場所は、特にケアに注意しないといけません。

テレビなどで「枕の臭い」を取ろう!みたいな消臭剤のCMが多かったりしますよね?

CMで取り上げられているのは、加齢臭の中でも「頭皮」の臭いを気にする方が多いと言うことでもあります。

 

頭皮などは、しっかりと髪を乾かしてから寝ないと、そこから臭いの元になる細菌が発生することもあります。

皮脂と細菌がタッグを組むことで、嫌な臭いの元になることもあります。

 

普段から、もっと言えば、加齢臭が気になる年齢になったら、ケアの方法を変える必要があると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

女性の加齢臭って、何歳から?原因は何?

女性の加齢臭はどこが臭う?臭いの原因と予防対策まとめ!
女性の加齢臭は、男性よりも少ないと思われがちですが、

昨今では無理なダイエット食生活が乱れたり、過度のストレスが加わるなどで、臭いに悩む方も増えているそうです。

 

女性が男性と大きく違うのは、妊娠できるかどうかです。

女性には卵巣や子宮などがあり、それには女性ホルモンが関係して来ます。

 

でも加齢に伴い、女性ホルモンが減少してくることで、女性ホルモンが抑えてくれるはずの酸化作用を抑えきれなくなります。

すると、女性でも加齢臭がするようになり、大体30代後半になると、加齢臭がするようになることが多いです。

 

 

でも、実は20代であっても、加齢臭に悩まされることはあります。

 

 

繰り返しますが、無理なダイエットであったり、喫煙であったり、飲酒であったり、ストレスなどにより、体が老化するのが原因とされています。

ただ、加齢臭は自分ではわからないもの。

 

そんな時のチェック方法ですが、以下に挙げた物の中で、心当たりが多い人ほど、加齢臭の危険はあります。

 

check!!
  • 睡眠不足気味
  • 運動していない(運動不足)
  • お通じが悪い(便秘症)
  • 体がすぐ冷える(冷え性)
  • 肉ばかりで野菜が少ない食事をしている
  • 煙草を吸っている
  • 良くお酒を飲む
  • インスタントフードが大好き
  • 肉や揚げものばかりの食生活をしている
  • スナック菓子を食べることが多い
  • 生活が不規則
  • ストレスが溜まっている
 

加齢臭が始まるのには、個人差があります。

ですが、加齢臭は必ずしも、年を取ってからということではありません。

なので、普段から食生活の乱れがないかなど、気を付ける必要があるかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

女性の加齢臭の予防法と対策方法は?

女性の加齢臭はどこが臭う?臭いの原因と予防対策まとめ!
加齢臭を予防するには、まず、食生活を見直す必要があります。

例えば、肉を食べると、肉に含まれる脂肪分が汗と一緒に体外に出ます。

これが加齢臭の元になります。

 

野菜の量を増やして対応するか、肉を少なめに食べるなどして、臭いを抑える必要があります。

 

また、女性ホルモンの減少が加齢臭の原因にもなるので、大豆製品を食べることで、その減少を抑えるというのも、一つの方法です。

サプリメントを利用しても良いんですが、サプリの過剰摂取は、体に負担がかかり、健康的ではありません。

なので、食べ物から摂取するのがおすすめです。

 

例えば、「味噌」「醤油」「納豆」「おから」「豆乳」などを摂取するようになると、

大豆の成分が女性ホルモンの分泌を促してくれます。

 

 

更には、抗酸化作用の高い食べ物を摂るのもオススメです。

例えば「ブロッコリー」「ピーマン」「レモン」「苺」「キウィ」など、

ビタミンCの多い食材を摂ることで、脂質が酸化するのを防いでくれます。

 

他にも、アンチエイジングに効果的とされる、アボカドやナッツ類、秋刀魚等の魚を摂ったり、ビタミンAの多い人参や南瓜、ほうれん草など、とにかく野菜を多く摂りましょう。

 

 

臭いを少なくするには、野菜のビタミンや食物繊維を増やすことが重要です。

 

野菜中心の食事をしている人って、肉を食べる人より、体臭が少ない気がしませんか?

食べ物は非常に重要です。

加齢臭自体は、防げなくても、食生活を見直すことで、臭いを軽減することは出来ます。

 

20代を超えたら、女性でも加齢臭の危険ありということで、食生活など気を付けてみて下さいね。

 

 

 

まとめ

女性の加齢臭はどこが臭う?臭いの原因と予防対策まとめ!
男性ばかり話題に上りますが、女性だって加齢臭はあるんですね。

しかも、加齢臭は20代から始まる可能性だってあるんです。

これなら、人の事ばかり、言えませんよね?

 

でも、食生活の乱れなど、普段から気を付けておけば、加齢臭は予防出来るんです。

肉ばかり食べる生活をしていませんか?

無理なダイエットを続けていませんか?

 

加齢臭は、自分ではなかなか気づかないものです。

だからこそ、普段から気を付けておきたい物ですよね?

 

加齢臭の原因や予防法など、簡単にご紹介してみましたが、参考になりましたら幸いです。