季節の出来事

暑中見舞いの時期っていつまで?書き方とマナー知りたい!

暑中見舞いの時期っていつまで?書き方も知りたい!

暑中見舞いの決まりについて考えたことがありますか?

夏の暑い時期に、いつもお世話になっている方や親戚、そして友人にあてて書くものといえば暑中見舞いです。

 

挨拶の言葉の後に自分の近況を知らせて相手の健康を気遣う言葉を添える暑中見舞いは、もらうととてもうれしいものです。

 

暑中見舞いの時期はいつまでに出せばよいのでしょうか?

そして正しい書き方とは?

 

暑中見舞いの決まりについてお話します。

 

 

暑中見舞いはいつまでに出せば良い?書き方の決まりとは?

暑中見舞いは一番暑い時期に送るものです。

ですから、

梅雨明けをしたら書き始め、立秋の前日までに送るようにしましょう。

 

check!!

立秋を過ぎてしまったら、暑中見舞いではなく残暑見舞いになります。

 

暑中見舞いの返事は暑中見舞いにすべきでは?

と思う方もいらっしゃるでしょうが、

8月7日の立秋を過ぎたら暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すようにしてください。

 

暑中見舞いの書き方は、次のような流れとなっています。

 

check!!
  1. 暑中お見舞い申し上げます(季節の挨拶の言葉)
  2. 厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか(相手の健康を気遣う言葉)
  3. 私達も暑さに負けず頑張っております(近況報告)
  4. これからも暑さは続きますがくれぐれもご自愛下さい(最後の言葉)
  5. 日付
 

この順番で書けば間違いはありませんし、送る相手によって文面は少し砕けた感じになっても構いません。

 

 

 
スポンサーリンク

暑中見舞いを書くときに注意しなければいけないマナーは?

暑中見舞いの時期っていつまで?書き方も知りたい!
友人や普段から親しくしている親戚に送る暑中見舞いであればそれほどマナーを気にする必要はありませんが、ビジネスの相手に書くときなどのためにマナーについてお話します。

 

字の大きさについてですが、暑中見舞い申し上げますなど季節の挨拶の言葉は少し大きめに書くようにしてください。

 

そして最後に書く日付ですが、詳しく何月何日と書く必要はありません。

平成●年七月、または平成●年盛夏などとはっきりした日付は欠かないことがマナーとなっています。

 

暑中見舞いの中には自分の近況を書いて送ることが多いです。

近況を聞くことを楽しみにしている相手の方も多いですが、あまり自分のことばかり書くことはマナーに反します。

 

暑中見舞いは相手の健康を思いやって出すものですから、近況は程々にして簡潔にまとめましょう。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

暑中見舞いの時期っていつまで?書き方も知りたい!
暑中見舞いは書き方に添って丁寧に言葉を選んで書いていけば失敗することはありません。

 

夏の暑い時期は夏バテもして元気を失っていることも多いです。

そんなときに健康を思いやる優しい言葉がつづられた暑中見舞いが届けば、本当に嬉しいものです。

 

気持ちが伝わるよう、字が下手だからとコンプレックスを持っている方も、一言だけでも手書きの言葉を添えるようにしましょう。

丁寧な字で書けば時の上手下手は関係なく、思いが伝わりますよ。

 

お中元の時期っていつから?マナーと人気な物教えて!