「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのは?使い分けどうする?
あなたは、「こんにちを使いますか?

それとも、「こんにち派ですか?

 

私は普段、「こんにちわ」を余り使いません。

なんとなく、不自然な感じがして、学校での教育の影響もあると思うのですが、とにかくなんだか使うのに違和感があります。

 

なぜかと言いますと、「こんにちは」という言葉は、「今日は(こんにちは)、お日柄もよく…」の「今日は」の後が短くなったものと学校で習ったからなんです。

 

 

学校教育というのは、ある意味すごいですね。

小学校で習ったことを、40間近で覚えていられるというのは、どれだけ覚えてるのかと。

 

人間は雑学を覚えることに快感を覚える動物らしいので、そのせいかも知れませんね。

数学の知識とか、今は全く覚えていないのに、雑学は覚えていられるものなのかも。

 

 

今回は、おそらく学校では習わなかった「こんにちは」と「こんにちわ」のどちらが正しいのか?と使い分けの方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

こんにちは(こんにちわ)の語源は?

もし「こんにちは」を漢字で書くとしたら、「今日は」となります。

というのも、本来はこの言葉の後には、「ご機嫌いかがですか?」などの言葉が続いていたんです。

 

ただ、毎回同じ挨拶をするのは面倒なので、省略されて「こんにちは」となったと言われています。

 

 

実は「今日」という言葉は、普通なら「きょう」と読みますが、

以前は「今日」という言葉は太陽のことを表していたそうです。

 

なので以前は、今日様(こんにちさま)と言う風に、太陽を敬う表現として使われていて、それが語源になったとも言われているんです。

 

 

出会った人に「今日様」という方は少ないと思いますが、昔の「こんにちは」は太陽に向かっての挨拶だったようですね。

「太陽さん、ご機嫌はいかがですか?」なんて言ったら、今では??となりそうですね。

 

でも、日本は多神教の国でもあるので、太陽も月も、時にはトイレにも神様がいるくらいです。

ですので、昔は「今日様」が通用したということも十分にあり得る話です。

 

 

 
スポンサーリンク

「こんにちは」と「こんにちわ」のどちらが正しいの?

小学生の時に、作文とかテストの時に「こんにちわ」と書いたら、×印をつけられた覚えはありませんか?

でも、最近ではSNSなどの普及により、「こんにちわ」が使われだしたと言います。

 

10~20代の若い人の間では、FacebookやTwitterで、「こんにちは」を「こんにちわ」と使うようになったんですね。

 

 

声に出した時には、「こんにちは」も「こんにちわ」も同じに聞こえますし、どちらが正しいかと言うと「うーん。」とうなってしまいそうです。

 

ただ、前述しましたように、「こんにちは」は、「今日はお日柄も良く」などの略なので、語源から考えると「こんにちは」が正しいように思えます。

 

これを「こんにちわ」に変えると「今日わ」となり、おかしい文体になりますよね?

 

 

check!!

「こんにちわ」と言う言葉は、そもそも国語辞典などの辞典には載っていない言葉なんですね。

 

 

ということで、「こんにちわ」という言葉は、日本語的にはおかしい言葉なんですね。

SNS以外で、例えば仕事のレポートなどで、こんにちわと使ってしまうと、問題が出ることもあります。

 

ですので、普段から「こんにちは」に慣れた方が良いのかも知れません。

 

 

 
スポンサーリンク

こんにちはとこんにちわの使い分け方は?

こんにちわという言葉は、正しくは「こんにちは」で間違いありません。

でも、フランクなメールとか会話の中で、もっと言えばSNSでは、「こんにちわ」という言葉をよく見かけますよね?

 

 

間違ってる使い方ではあるんですが、それが間違いでもない可能性もあります。

言葉というのは時代によって読み方が違ってくることがあるからです。

 

 

例えば、「一世一代」これを何と読むか?と言われたら「いっせいちだい」の方もいますし、「いっせいいちだい」とも読みますよね?

 

時代によって読み方が変わるのは、慣用(かんよう)読みと呼ばれます。

 

例にも挙げましたが、昔は「いっせいいちだい」と読んだら、テストでは×印がつきました。

でも、今ではどちらも正しい読み方とされ、×印もつくことがなくなりました。

 

更に慣用読みの例を挙げると、「雰囲気」は「ふんいき」とも読みますし、「ふいんき」とも読みますよね。

社会の授業でも、昔は「百斉」と書かれていたら「くだら」と読むように教えられましたが、今では「ひゃくさい」でも丸がつきます。

 

「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのは?使い分けどうする?
 

時代と共に、読み方も変わり、辞書にも載るようになり、いつの間にか正しい使い方になることもあるんですね。

 

とは言え、語源から考えると、やはり「こんにちは」を使う方が正しいです。

 

 

「こんにちわ」と使うのも、SNSでの話し言葉や感動詞と考えれば、間違いではないですが、テストなどでは当然×印がつきます。

 

もしどちらを使えば良いか迷った時には、朝なら「おはよう」、昼なら「こんにちは」、夜なら「こんばんは」を使って下さい。

 

 

どれも語源を見ればわかりますが、あいさつ文の省略体みたいなものなので、「は」が「わ」に変わると、おかしな文章になってしまいますので。

 

 

 
スポンサーリンク

こんにちわが使われるようになった背景は?

「こんにちは」と「こんにちわ」では、「こんにちは」が正しいのは間違いありません。

でも、「こんにちわ」を使う方も多くいますよね?

 

では、なぜ「こんにちわ」が普及するようになったかには、こんな理由があります。

 

check!!

和の精神を大切にしているから

和(わ)という言葉が、日本人らしさを表しているからという説があります。

協調性や調和性を出すために、ちょっとフランクにも感じる「わ」と言う言葉を使っているわけですね。




可愛らしい感じを出したいから

可愛らしさや親しみやすさを出しやすいというのも理由の一つです。

SNSが台頭したことで、よりフレンドリーさを出すために、「こんにちわ」という言葉をあえて使っているわけですね。




単純に声に出した時の言葉で書いているから

声に出した時を考えるなら「こんにちわ」が正しいように思えますよね。

単純に声に出したままを文章にするなら、「は」を「わ」と発音しているのも間違いはないです。

 

 

 

ただ、逆に平仮名で「●●さんへ」の「へ」をそのまま「へ」と呼ぶことはないですよね?

「え」と読むことがほとんどだと思います。

 

だからと言って、「●●さんえ」と書くのは、文章として間違っていますよね?

 

昔の方の手紙では、良く「え」が使われているようなので、これも慣用読みと言うことになるかも知れません。

 

でも、時代が変遷すると言っても、正しい日本語が消えてしまわないように、正しい読み方は心がけるべきではないかな?と思います。

 

 

 

まとめ

「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのは?使い分けどうする?
「こんにちは」と「こんにちわ」の区別は、大人の常識と言っても過言ではないと思います

ビジネスとかの文書で、「こんにちわ」という言葉を使ったら、上司からおしかりを受けること間違いなしです。

 

ただ、話し言葉というのは、時に柔らかく、心地よく響くことがあるのも確かです。

 

SNSでは、堅苦しい言葉よりも、話し言葉が好んで使われますが、これも時代の流れなのかも知れません。

 

 

とはいえ、「こんにちは」の意味が変わってしまうのも、それはそれで悲しい話です。

古い言葉が良いとか、新しい言葉が良いとか、そういうことではなく、正しい日本語の文法を知るのは悪いことではありません。

 

最近の若者はなどと言わずに、「こんにちわ」が生まれた背景を、大人になっても知っておきたいものですね。

 

使い分けは自由ですが、指摘されたりして、恥ずかしいことにならないように、語源など、「こんにちは」の意味も知っておくと良いかも知れません。