吹き出物ができる場所ごとに原因が!?潰すと臭いのはなぜ?
吹き出物ができると、何となく気になって潰してしまうことがありませんか?

私は結構若い頃から、吹き出物が出ることが多くて、今でも吹き出物が出ると、何となく潰してしまいます。

 

吹き出物って、できる場所によって、体調がわかるなんて言いますよね?

 

本当かどうかは定かではないんですが、口の周りに吹き出物が出来ると、良く母は胃腸の調子が悪いせいだよ?なんて言います。

 

 

吹き出物が出来ると、肌も荒れた感じがしますし、できれば出来ないようにしたいものですよね?

やっぱり女性でも男性でも、吹き出物ができると、肌が荒れた感じがして嫌だと思いますので。

 

 

ということで、今回は吹き出物ができる原因や、潰した時に臭くなる原因など、まとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

ニキビと吹き出物は違うもの?

ニキビや吹き出物が出来ちゃうと、肌トラブル?と気になる方も多いと思います。

 

では、良く言うニキビと吹き出物って、違うものなんでしょうか?

 

 

実はニキビと吹き出物は、基本的には同じです。

 

若い頃の吹き出物は「ニキビ」と呼び、大人になると「吹き出物」と呼ぶなど、言い分けたりするだけなんですね。

とはいっても、大人になってからのニキビを「大人ニキビ」なんて呼ぶこともあるので、ニキビと吹き出物は同じと考えても良いかも知れません。

 

ちなみに、医学用語では、どちらも「ざ瘡(ざそう)」と呼ぶようです。

 

吹き出物種類には、色ごとに重症度が違ってきます。

簡単にまとめてみますと。

 

check!!
  • 白ニキビ:毛穴の中に皮脂が溜まった状態で、一番出来やすいですね。
  • ニキビ:溜まった皮脂が酸化することで、黒くなります。
  • ニキビ:細菌が繁殖し、毛穴と周りが炎症を起こしている状態です。
  • ニキビ:炎症が酷くなり、毛穴の中が膿を持ちます。
  • ニキビ:治すのが難しくなり、ニキビの跡が残ってしまいます。
 

どの吹き出物(ニキビ)も、毛穴が詰まり皮脂がスムーズに排出されないことが原因で起こります。

洗顔を正しく行うことももちろんですが、食生活の乱れがないかなども確認して下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

吹き出物が出来る場所と原因

吹き出物って、体のあちこちで出来ますが、一番気になるのは、やはり顔ですよね?

吹き出物が出来る場所によって、原因は様々ですが、その一部をご紹介します。

 

おでこに出来る吹き出物

おでこの吹き出物の原因は、髪の毛にあると言います。

おでこに前髪があたることで刺激されたり、ヘアワックスなどが髪の毛を通じて、おでこを刺激することで出来ることが多いです。

 

原因がわかれば、前髪を上にあげるだけで対処出来ますので、一番簡単な吹き出物対策かも知れません。




✅頬から顎にかけて出来る吹き出物

頬に出来る吹き出物の原因は、胃腸が弱っていたり、生活習慣の乱れによって出来ます。

飲み過ぎや食べ過ぎ、睡眠不足など、思い当たることはありませんか?

 

他にも口の周りや顎など、フェイスラインに出来る吹き出物は、ストレスが原因のこともあります。

ストレスを無くすことは難しいですが、運動や睡眠などはすぐに始められると思いますので、出来ることからまず始めて下さい。




✅鼻に出来る吹き出物

鼻は、鼻の下に出来るものもあれば、鼻自体に出来るものもあり、それぞれ原因が違います。

鼻自体に出来る吹き出物は、皮脂の多さや毛穴の深さに関係してきます。

 

吹き出物の原因は、細菌や顔ダニの異常繁殖です。

鼻には細菌などが繁殖しやすい原因が揃っているので、吹き出物が出やすいんですね。

 

では、鼻の下に出来る吹き出物の原因は?と言いますと、これは産毛の処理などで傷んだ肌に菌が入って炎症を起こすことで出来ます。




✅顔以外に出来る吹き出物

顔以外で吹き出物が出る代表的な場所は「背中」「お尻」「頭皮」などに出来やすいです。

こちらの吹き出物については、お風呂などで洗いにくい場所にあることが原因です。

 

背中のニキビは、特にその傾向が強いです。

シャンプーやトリートメントが綺麗に落ちないことで、そこから菌が繁殖し、吹き出物の原因になります。

 

中でも、頭皮については、洗い残しが多い場所でもあるので気をつけましょう。

シャンプーを使った後は、綺麗に洗い流すことで、体の吹き出物を少なくすることが出来ます。

 

見えない場所だからこそ、気をつけたい場所でもありますね。

 

 

 
スポンサーリンク

吹き出物を悪化させないための食事療法

吹き出物を悪化させないためには、普段の食事にも気をつける必要があります。

吹き出物に有効な栄養素は、以下の通りです。

 

check!!

ビタミンB群の不足

ビタミンB群が不足すると、吹き出物が出やすくなります。

というのも、ビタミンB群には、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるからです。

 

ビタミンB群は、「レバー」「うなぎ」「乳製品」「納豆」「青魚」「アボカド」などに多く含まれています。

 

アボカドを多く食べる女性に、吹き出物が少ないのも何だか納得ですね。

どうしても食べることが難しい場合は、サプリと併用しても良いですね。




ビタミンCの不足

吹き出物の原因となる活性酸素は、皮脂と結び付くことで炎症を引き起こします。

ビタミンCには、これを防ぐ抗酸化力があるので、活性酸素を抑えてくれるんですね。

 

ですので、ビタミンCも肌荒れ対策として、しっかりと取っておきましょう。

 

ビタミンを取っても、肌が乾燥していると、それが原因で吹き出物が出来ることもあります。

保湿をしっかりとするのも、吹き出物対策には有効なんですね。

 

 

 

では、吹き出物を悪化させる食品というのも、ご紹介しようと思います。

こちらもリストでまとめてみました。

 

check!!

加工牛乳

牛乳自体は悪くないんですが、加工された牛乳は吹き出物を悪化させる原因にもなります。

牛乳を飲むときにも、加工されていないタイプを選ぶようにして下さい。




白砂糖

精製された砂糖は、血糖値を急激に上げますが、それにより、吹き出物を起こすホルモンを刺激してしまいます。

砂糖だけでなく、加工されたパンなども同じなので、食べ過ぎないように気をつけて下さい。




ミルクチョコレート(板チョコなども)

チョコレートも砂糖と同じように、血糖値を急激に上昇するので、吹き出物が出来やすくなります。

もしチョコを食べるなら、ミルクチョコではなく、ダークチョコなど糖分が少ない物を選ぶのがポイントになります。

 

砂糖などの甘味料は、高血糖になる可能性もあります。

健康のためにも、吹き出物を無くすためにも、美味しくても食べすぎには注意して下さいね。

 

 

 
スポンサーリンク

吹き出物を潰すとなぜ臭うの?


吹き出物は潰すと治りが早いなんてことも聞きますが、吹き出物の種類によっては、臭いが出ることがあります。

吹き出物は、毛穴にアクネ菌などが発生することで起こります。

 

吹き出物の種類によっては、臭いがなかったりするものもありますが、前述したように赤ニキビなど重症化すると臭いが出ることがあります。

 

黄色の吹き出物=ニキビになると、膿が溜まっている可能性もありますので、吹き出物の種類を見極めて、軽い気持ちで潰さないようにしましょう。

 

 

また、吹き出物に良く似たものに、粉瘤(アテローム)と呼ばれる物があります。

これは、なんらかの原因によって、皮膚の下に袋状の構造物が出来ることで起きます。

 

その中に皮脂や角質が溜まることで、良性ではありますが腫瘍が出来るんですね。

粉瘤の中心には、へそと呼ばれる黒い開口部があり、そこに細菌が入ることで炎症を起こします。

 

炎症を起こしてしまうと、「プロプリオバクテリウム」という細菌が増殖します。

この細菌は、代謝の過程で悪臭を放ちます。

 

これが臭いの原因にもなるんですね。

 

 

粉瘤(アテローム)とニキビ(吹き出物)は、似ていますが違うものです。

 

無理に潰そうとすると、そこから菌に感染して、炎症が酷くなる場合もあります。

粉瘤(アテローム)は自力で治すことは難しいので、出来た場合には、医療機関を受診しましょう。

 

炎症が軽いものであれば、薬で治すことも出来ます。

炎症が酷い場合には、切開して膿を出す必要があるため、手術が必要になることもあります。

 

吹き出物が出来たら、まずどんな状態なのか(色など)を確認し、安易に潰さない方が治りが早い場合もありますので、気をつけてみて下さい。

 

 

 

まとめ

吹き出物ができる場所ごとに原因が!?潰すと臭いのはなぜ?
吹き出物が出来ると、つい潰したくなりますが、中には悪化する場合もありますので注意が必要です。

吹き出物と思っていたら、粉瘤(アテローム)だったという可能性もあります。

 

我が家では、弟が体中に吹き出物が出来て、皮膚科を受診して、薬を塗ることで治ったこともあります。

吹き出物の原因は様々ですが、中にはストレスなどの心的要因が原因のこともあります。

 

 

胃腸などが弱っても吹き出物が出る場合もありますので、前述した栄養をしっかりと取ったり、食生活が乱れないようにする必要もありそうです。

吹き出物は、原因さえわかれば、すぐに治ることもあります。

 

 

くれぐれも素人考えで、「潰せば早く治る!」なんて、軽い気持ちで潰そうとは考えないで下さい。

もしかしたら、潰したことが原因で、別の菌が繁殖するかも知れませんので。

 

吹き出物が出やすい方は、普段の生活から見直して、対策をしっかりと取って下さいね。