鏡餅の作り方と食べ方、保存方法を伝授!そもそも鏡餅の意味って?
鏡餅って作り方とか食べ方とか、昔は知らなくて大変だったこともありますが、今はネットで調べられるので便利ですよね?

 

我が家では、雑煮に使ったり、お汁粉とかぜんざいなど、ポピュラーな食べ方をすることが多いですが、鏡餅って美味しいですよね。

 

そこで思うのが、

鏡餅自体を自作してみたい!ということです。

 

 

売ってる鏡餅も美味しいですが、自分で作れたら、ちょっとデコったり、色を変えて楽しむとかも出来そうですよね?

キャラ弁とかキャラケーキなどが話題になってますが、それと同じように鏡餅を作るのも楽しそうだなぁなんて思います。

 

もっとも鏡餅の意味を考えたら、常識の範囲内で作らないと、それはそれで失礼にあたるかも?と思ったりもしますが。

 

 

ということで、今回は鏡餅の意味や作り方、食べ方などをご紹介します。

 

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?

 

 

 

スポンサーリンク

鏡餅の意味は?

お正月には鏡餅を飾りますが、鏡餅は実は単なる飾りの一種ではないんですね。

鏡餅は、歳神様にお供えするお供え物の一種なんです。

 

check!!

そもそもお正月というのは、歳神様をお迎えするための日で、歳神様は新しい年を運んでくれる神様のことを言います。

 

 

鏡餅は、そんな歳神様に依代(よりしろ)にしてもらうためのお供え物なんですね。

 

 

✅check!!

依代(よりしろ)というのは何のことかと言いますと「魂が宿るもの」のことです。

日本では古来から神教を信仰しており、神教では様々なものに神様が宿るとされていました。

 

「トイレの神様」などは、一時期流行った歌にもありましたが、本当になんにでも神様が宿ると、昔から信じられてきたんですね。

八百万なんて言われるくらい沢山の神様が、色々な物に宿り、鏡餅はその中でも「歳神様の象徴」として崇められてきたんです。

 

 

ちなみに、お正月に歳神様から「魂を分けていただくこと=年を取ること」とも言われています。

昔の人は、誕生日以外にも数え年なんて言葉を使い、二種類の年齢を持っている方が多いです。

 

数え年は、新年を迎えると取る年ですが、皆それぞれが違う誕生日と比べ、皆で一緒に年を取ることが出来きます。

だからこそ、現代でも、お葬式の時などに数え年などの風習が残っているんですね。

 

 

鏡餅の名前の由来は、昔は丸かった銅鏡に似ていることから名前が付けられました。

三種の神器の一つにも、銅鏡がありますが、それにあやかって尊いものとして認識されているんですね。

 

また、鏡餅の名前の由来として、鏡にも魂が宿るとされ「鏡=かんがみる」から生まれたという説もあります。

 

良いお手本や模範を参考にする「鑑みる」にあやかって、鏡餅は「かんがみもち」から今ある「かがみもち」に変わったとの説です。

 

 

どちらにしても、鏡餅は歳神様のお供え物であり、依代でもあります。

 

毎年無事に新年を迎えられることを感謝して、歳神様のお祈りも忘れずにしたいものですね。

 

 

 
スポンサーリンク

鏡餅の上手な作り方は?

鏡餅の作り方は、ネットで検索するとすぐに出てきますが、手作りの鏡餅も乙な感じがして素敵ですよね?

ただ、職人さんであれば、綺麗な鏡餅が簡単に出来るかもしれないですが、素人には難しいということもあります。

 

そこで、素人でもプロのような鏡餅を作るなら、皿とサランラップを使うと良いそうです。

 

以下に簡単に、作り方をご紹介しますと。

 

✅check!!
  1. 鏡餅の形となるお皿を用意し、軽く濡らします。
  2. その上から、サランラップをしっかりと貼りつけましょう。
    ※サランラップは、お餅を包むので、大きめなものを使うと良いです。
  3. そうしたら、熱々の出来たてお餅を、皿に流しこみましょう。
  4. そのまま冷やして、しっかりと熱を取ります。
  5. 冷めたら、ラップごとお皿から外し、ラップを包めば完成です!
 

表面もツルツルに仕上がりますし、ラップで包んでいるので、ひび割れもしにくいです。

更には、この方法で鏡餅を作ると、カビも生えにくいそうなので、おすすめの作り方になります。

 

ただ、家でお餅をつくことがないご家庭もあると思います。

実際の所、我が家でもお正月にお餅をつく習慣がありません。

 

そんな時には、切り餅で鏡餅を作ることも出来るそうなので、以下のレシピも合わせて確認してみて下さい。

切り餅で鏡餅(クックパッド)

 

鏡餅が自作出来たら、何となく特別な感じがしますし、お供え物の質が上がるような気もしますよね?

飾る分だけ作れるので、大きくしたり小さくしたりも自由自在です。

 

鏡餅が自作出来るならやってみたい!

 

そんな方には、ぜひ自作の鏡餅作りを試していただきたいです。

 

 

 
スポンサーリンク

鏡餅にはどんな食べ方があるの?

鏡餅は年末の28日か30日に飾るのが一番良いそうです。

そして、お正月が終わり鏡開きの1月11日になったら、食べることが出来ます。

 

鏡餅はプラスティックのケースに入ってることが多いので、開けるのが大変楽ですが、大きすぎる場合は家族で分けあうのが大変なことも。

ここで大事なことは…

 

鏡餅は包丁などで切ってはいけない!!

 

とされているんです。

武士が「切る=縁起が悪い」と嫌ったのが元々の理由だそうですが、確かに切るというと切腹のイメージを持つかもしれませんね。

 

では、切らないでどうやって食べるのが良いかと言いますと。

 

✅check!!

昔ながらの鏡餅の場合

ラップなどに包んでいない鏡餅は、ひび割れてることが多いです。

これを切らずに食べるには、トンカチなどを使って割るんですね。

 

鏡餅は切ってはいけないですが、割るのはOKです。

もし乾燥が足りなくて割れない場合は、天日に干して乾燥させると割れやすくなるそうです。




プラスティックに入ってる鏡餅の場合

プラスティックに入っているポピュラーな鏡餅は、乾燥していないので割ることが出来ません。

でも切るのはNGだし、どうしよう?と思うこともあるかも知れません。

 

では結局どうするかと言うと、封を開けて乾燥させてから、こちらも叩き割るしかありません。

鏡餅は切ってはいけないので、割るしか分ける方法がないんですね。

 

ただ、鏡餅を簡単に小さくする方法もあります。

それは、電子レンジを使い、鏡餅自体を柔らかくする方法です。

 
  1. 鏡餅を水に一旦くぐらせて、水で濡らした皿の上に乗せます。
  2. その後、ラップをしてレンジでチン!でOK。
 

この方法なら、大きすぎる鏡餅以外は、切らずに調理することが出来て大変便利です。

 

 

そして、鏡餅を食べる時に、気になるのはカビが生えた時ですよね?

 

青カビなら大丈夫なんてよく言われますが、素人目にはなかなか判断が出来ませんし、

赤いカビや黒いカビはそれだけでOUTです。

 

小さい頃は、祖母が存命だったので、薄く削って食べさせてくれたりとかありましたが、カビは根元まで取ることが出来ません。

 

どうしてもカビた鏡餅を食べるなら、薄く削るのではなく、がっつりと削る方がカビ臭くなく食べられるかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

鏡餅の保存方法色々

鏡餅の作り方と食べ方、保存方法を伝授!そもそも鏡餅の意味って?
鏡餅は鏡開きになると、食べないといけないのですが、それでも食べきれないこともあるかと思います。

そんな時に便利な保存方法を、いくつかご紹介します。

 

✅check!!

水餅にする場合
  1. カビを丁寧に取り除きます。
    ※見える所以外も、大きく削るようにして下さい。
  2. 食べる大きさに合わせてトンカチなどで割り、水に漬けて保存します。
 

水は長時間変えないと腐ってしまうので、こまめに水を取り替えるようにして下さい。

何故水に漬けるかと言いますと、カビは空気を餌とするので、水中では生きていけないからです。

 

かびるのを防ぐために、常に水の中に入れておくことで、保存する方法です。




揚げ餅にする場合
  1. 膨らんだ時のことを考えて、2cm角程度の大きさに割ります。
    ※乾燥させると割りやすくなりますので、くれぐれも切らないように気をつけて下さい。
  2. 低温の新しい油で、きつね色になるまでしっかりと揚げます。
  3. 揚がったら、塩などをふりかけるなどして味付けすればOKです。
 

高温で揚げてしまうと、外側が焦げていても、中身は固くなってしまうので、低温で揚げるわけですね。

揚げ餅にすると保存が効きやすいですし、おやつ代わりに食べることも出来るので、おすすめの保存方法になります。

 

 

もし鏡餅が沢山ある場合は、上記の方法を試してみて下さい。

カビは怖いので、そのまま食べないように気をつけて下さいね。

 

 

 

まとめ

鏡餅の作り方と食べ方、保存方法を伝授!そもそも鏡餅の意味って?
皆さんは鏡餅は切ってはいけないとは知っていましたか?

というのも我が家では、毎年切って使っていたので。

 

母が切って使っていたので、切っても良いものだと思いこんでいました。

割って使うのには、ちゃんと意味があったんですね。

 

縁起が良いからと鏡餅を飾るのに、切ってしまってはせっかくの縁起物が台無しですよね。

 

食べ方一つを取っても、日本の風習は細かい所まで考えられているんですね。

鏡餅は、自作するなんて考えたこともありませんでしたが、切り餅でも作れるなら、一度は試してみたくなります。

 

 

鏡餅は、歳神様のお供え物ですが、何故飾るのか意味を知っておくのも重要かも知れません。

意味が分かっていないと、飾るのを忘れる可能性もありますので。

 

新年を健やかに迎えるためにも、鏡餅などの縁起物は忘れずに、しっかりと準備しておきたいものですね。

 

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?