風呂の残り湯は雑菌だらけで汚い?他の使い道って何がある?
お風呂の残り湯は、洗濯の予洗に使ったりするご家庭も多いと思います。

 

我が家でも、残り湯は予洗に使って、水の節約を心がけてますが、やはり雑菌が気になります。

 

洗濯機なら、洗うのに使うくらいで、ちゃんとすすぐので問題ないですが、掃除の時に使うのは何となく抵抗があります。

母は「お風呂のお湯で掃除をしなさい。」なんて言いますが、せっかく掃除をするのに、雑菌だらけのお風呂の湯を使うなんて…と思ってしまいます。

 

 

でもそうはいっても、お風呂のお湯って大量に残るので、何かに使わないともったいないという気持ちはわかります。

 

出来れば、使い道が沢山あれば、水の節約にもなりますのでエコですよね?

 

ということで、今回はお風呂の残り湯は本当に雑菌だらけで汚いのか?や、他の使い道についてご紹介しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

風呂の残り湯は、雑菌だらけ?

残り湯には、雑菌がいっぱいなんて良く聞きますが、どれくらいの雑菌があるのか、気になりますよね?

特に追い焚き機能が付いているお風呂などは、次の日も同じお湯を使ったりするので、もし雑菌があるとすれば綺麗にはなれないですよね?

 

では、風呂の残り湯では、一晩にどのくらい雑菌が繁殖するのでしょうか?

 

check!!

例えば、大人2人が入浴した場合は、入浴直後では110~140個程度の菌しか繁殖していないのですが、次の日には25万個もの細菌が繁殖します。

 

 

そもそもが雑菌は、35~40℃くらいのお湯で繁殖しやすいとされています。

これは、お風呂に入る時の適温でもありますよね?

 

人間がお風呂に入って気持ち良い温度は、雑菌も繁殖しやすい温度なんです。

お風呂に浸かることで、毛穴が広がり、血行が促進するので、湯船に浸かることは重要です。

 

ですが、お風呂の残り湯には、湯船に人が浸かることで、垢や皮脂なども混ざってしまいます。

垢や皮脂などは、雑菌にとって餌になるので、翌日のお風呂の残り湯には、雑菌が繁殖しやすいんですね。

 

追い焚き機能が付いているお風呂は特に要注意で、排水管自体も汚れているので、掃除をしないで次の日にお風呂に入ると…。

当然のごとく、お風呂は雑菌だらけになり、せっかくお風呂に入っても綺麗になれません。

 

 

一時期24時間いつでも入れるお風呂というのが話題になりましたが、こちらもまた細菌が繁殖すると問題になりました。

 

結論から言うと、お風呂の残り湯は雑菌だらけなのは間違いないです。

 

 

追い焚き機能が付いていたとしても、一度お湯を捨てて、浴槽を洗ってからお風呂に入った方が衛生的なんですね。

 

お湯がもったいないと感じるかも知れませんが、お風呂は次の日に雑菌が増えることを考えると、やはりお湯は新しくした方が良いと思います。

 

せっかく綺麗になるためにお風呂に入るのに、雑菌だらけのお湯では、本末転倒になりかねませんので。

 

 

 
スポンサーリンク

洗濯に使うのはお得?

お風呂の残り湯は、汚いことはわかりましたが、実際に捨ててしまうのはもったいないですよね?

ですので、残り湯をポンプを使って洗濯に使うと言う方も多いと思います。

 

でも、お風呂の残り湯を洗濯に使うのは、本当にお得なのかが気になりますよね?

 

そこで、残り湯をくみ上げるポンプの電気代と、水道代金を比較してみますと。

 

check!!

まず、ポンプの電気代を計算してみましょう。

 

100Wのポンプを5分間×2回、30日間毎日1回洗濯すると仮定します。

すると、こんな計算式になります。

 

100W÷1000W×24円(ポンプの電気代)
※1000Wを1時間使うと約24円になるという計算

2.4円(100Wを1時間の電気代)

 

2.4円÷60分×(5分間×5回)

=0.4円(100Wを10分間の電気代)

 

0.4×30日=12円(1か月の電気代)

 

やはり電気代は大したことありませんね。

 

 

そして、水道代ですが、お風呂には毎回200リットルくらいのお湯がたまります。

 

洗濯機で1回に70~100リットル使う計算ですと。

すすぎに使わないお湯の量は無視するとして。

 

お風呂の残り湯の約半分である90リットルを再利用した場合の水道代は、

 

90リットル×0.24円/1リットル(1リットル辺りの水道代)

=21.6円(90リットルの水道代)

 

21.6円×30日=648円(1ヶ月の水道代)

 

水道代は自治体によって違う物の、一年間毎日洗濯をすると、

648×12カ月ですから、ポンプ代を差し引いても

 

毎年、約7600円の節約になります。

 

ということは、結構水道代が安くなるので、お風呂の残り湯を洗濯に使うと、お得なのは間違いないです。

 

もちろん!お風呂の残り湯を使う場合は、すすぎに使ったりすると、衣服に雑菌が残ってしまうので、基本的には予洗に使うのがおすすめです。

 

 

そして、お風呂の残り湯には、次の日に雑菌が増えてしまうことを考えると、お風呂に入ったその日のうちに使うと、雑菌も気になりません。

 

水を使うよりもお湯を使うので、洗濯機でも汚れが落ちやすくなるので、水道代の節約にもお風呂の残り湯を洗濯に使うのはお得なんですね。

 

 

ただ、お風呂の残り湯を洗濯に使う場合は、以下のことに注意する必要があります。

 

check!!

体を洗ってから、湯船に浸かること!

お風呂に入る前に、しっかりと体を洗ってからでないと、お湯に細菌が増えるので注意が必要です。

 

お風呂の残り湯は、当日のうちに使うこと!

前述もしましたが、お風呂の残り湯は、時間が経てばたつほど、雑菌が増えます。

また、お湯の方が汚れも落ちやすいので、お風呂に入った当日のうちに洗濯に使った方が、より衛生的に残り湯を使えることになります。

 

すすぎは水道水を使うこと!

お風呂の残り湯を洗濯に使う場合の一番のポイントは、すすぎに使わない事です。

洗剤を利用する「洗い」の時にだけ利用して「すすぎ」の時には水道水を使うようにして下さい。

どれだけ雑菌が減っていても、やはりお風呂の残り湯には、少なからず雑菌がありますので

 

 

 
スポンサーリンク

お風呂の残り湯の雑菌の消臭方法&除菌対策

お風呂で繁殖する雑菌の代表的なのはレジオネラ菌と呼ばれています。

レジオネラ菌に感染すると、「肺炎」になったり、「ポンティアック熱」にかかったりと、怖い病気を発生させることがあるんですね。

 

特に怖いのは肺炎で、感染後一週間で死亡した例もあるくらいです。

 

聞き慣れない言葉かもしれませんが、普段入ってるお風呂以外にも、温泉などでも感染が報告されています。

と言っても、水から感染するわけではなく、シャワーなどを使うことで、空気中に散らばった細菌を吸いこむことで感染すると言われています。

 

 

 

そこで、お風呂の残り湯を上手く活用し、細菌の心配を軽減するのに、重曹を使った掃除方法があります。

何故重曹がお風呂掃除に良いかと言いますと。

 

check!!

重曹は弱アルカリ性の性質を持っているため、風呂釜などを傷つけずに、低刺激で酸を緩和してくれるからです。

脱臭にも効果的で、粒子が細かいため、研磨剤としても有効なんです。

 

更には、重曹には油を分解する特性もあるので、石鹸代わりにも使えるんですね。

排水溝のぬめりやタイルのカビとりなどにも活躍してくれる重曹は、食品にも使われるくらいなので、安全な洗剤と言えます。

 

 

 

では、重曹を使ったお掃除例を、いくつかご紹介しますと。

 

✅排水溝のぬめりと臭い取りに使う
  1. まず、重曹をたっぷりと排水溝にまきましょう。
  2. その上に少なめの酢をかけます。
    ※食酢で大丈夫です
  3. 30分ほど放置したら、お湯か水で洗い流せばOK!
簡単にお掃除が出来るので、こちらもぜひ実践してみて下さい。

 

タイルのカビ取りに使う
  1. カビのある部分に、重曹をふりかけます。
  2. 5~10分ほど放置したら、スポンジで汚れを取ります。
  3. 汚れが落ちたら、水で洗い流せばOKです。
カビとりハイターよりも、安全ですし、時間もかからないのでおすすめです。

 

浴槽の掃除に使う
  1. スポンジに重曹を多めに取ります。
  2. 汚れの部分に、小さく円を描くように擦って、皮脂汚れなどを削り落します。
  3. 掃除が終わったら、軽くシャワーで流せばOKです。
クエン酸との併用で、より汚れが落ちますので、ぜひ試してみて下さい。

 

お風呂の黒ずみを取るために使う
  1. 酢1に対して水の比率が2~3くらいになるように混ぜ、スプレーを作っておきます。
  2. 黒ずみの部分に、スプレーをたっぷりと吹きかけます。
  3. 重曹を付けたスポンジで、汚れを擦り落とします。
  4. 乾いたタオルで拭き取れば、OKです。
掃除が終わったら、再度酢水のスプレーをふきかければ、カビ予防にもなりますので、こちらもぜひ試してみて下さいね。

 

 

重曹は、100均でも売っているので、手に入りやすいです。

体にも優しい成分なので、安全に使えるのもポイントですね。

お風呂の雑菌や臭いを取るなら、重曹をぜひ使ってみて下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

お風呂の残り湯の洗濯以外の使い道は?

風呂の残り湯は雑菌だらけで汚い?他の使い道って何がある?
お風呂の残り湯を洗濯に使うとお得と書きましたが、それ以外の使い道はないのかと言いますと。

例えば、こんな利用方法があります。

 

✅check!!

●洗濯やトイレに再利用する方法

洗濯は前述しましたので説明を省きますが、トイレ掃除などになら有効に利用することが出来ます。

トイレ掃除なら、そもそもが雑菌だらけの場所ですから、掃除に使っても問題はないですね。

 

トイレの掃除が終わったら、残り湯で流すという方法でも、残り湯を有効活用出来ます。




●植木の水やりや掃除に使う方法

何故植木にお風呂の残り湯を使うかと言えば、お風呂の雑菌などは、植物にとって栄養になるからです。

他にも、ベランダの拭き掃除であったり、靴を洗うのに使ったり、お風呂掃除に利用したりと、お風呂の残り湯は結構使えます。

 

ただ、掃除に使った場合は、雑菌が床に残ったりしたら、嫌ですよね?

なので、残り湯は下拭きに使い、最後は綺麗な水道水で濡らした布巾で拭くのがおすすめです。




●湯たんぽに入れたり、車の洗車に使う方法

寒い時期になると、湯たんぽを使う人も多いと思いますが、残り湯の再利用法としてこちらも有効です。

飲み水とかじゃないので、残り湯でも全然平気なんですね。

 

もちろん!湯たんぽの掃除とかもしないといけませんが、手軽にお湯が使えるので、湯たんぽもおすすめです。

 

また、寒い時期の洗車にも、お風呂の残り湯を使えば、水道代の節約になります。

何しろ、200リットルもの水が浴槽には溜まりますので、洗車をするのにも充分な量のお湯を使うことができます。

 

 

口にする物以外なら、お風呂の残り湯は、結構使い道があるものですね。

さすがに、翌日の洗顔にお風呂の残り湯を使うのはどうかと思いますが…。

 

どちらにしても、お風呂の残り湯は、次の日には雑菌だらけになることを踏まえた上で、賢く活用してみて下さい。

 

 

 

まとめ

風呂の残り湯は雑菌だらけで汚い?他の使い道って何がある?
お風呂の残り湯が雑菌だらけというのは、間違いがないようですね。

お風呂の適温が、細菌の繁殖にも適温なのですが、かと言って水風呂に入るわけにもいきませんし、細菌の繁殖自体は仕方のないことかも知れません。

 

ただ、お風呂の残り湯に雑菌が増えるのは、次の日からということなので、当日に使ってしまえば、雑菌も気にせずに使えると思います。

 

洗濯以外にもお風呂の残り湯の活用方法はいくつかありますが、やはり水道代が一番かかる洗濯に使うのが便利と言えそうです。

お風呂に雑菌が繁殖するのは防げないことではありますが、菌を除菌したり、臭いを取る方法はあります。

 

 

重曹などを上手く活用し、お風呂の残り湯を再利用することで、地球のエコにも貢献できますよね?

 

お風呂の残り湯の活用方法などまとめてみましたので、参考になりましたら幸いです。