子供の習い事で水泳が人気の理由って?どのような効果がある?
子供さんがある程度大きくなってくると、何か習い事をさせたいと思うご両親も多いと思います。

体育系の習い事もあれば、芸術系の習い事もありますが、何をさせるかは悩む所ですよね?

 

実は、子供の習い事では水泳が一番人気があるそうなんです。

 

学校によっては、体育の授業で水泳がない学校もありますが、泳げるのは何かと便利なので人気が高いのかもしれません。

私は小学校時代水泳の授業があったのですが、放課後練習して、ようやくバタ足が出来た時には嬉しかったものです。

 

泳げるということは、自転車に乗れるのと同じくらい嬉しいことでもあると思います。

体育系の習い事は沢山ありますが、水泳は泳ぐとすっきりしますし、ダイエットにも良いので、子供の肥満を防ぐことも出来るかもしれません。

 

では、水泳が子供に人気の理由と、水泳を習っていることでどのような効果があるのかなど、以下にまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

子供の習い事で水泳が人気の理由

小学生の習い事で水泳が人気の理由はなんでしょう?

ある統計によりますと、4~5人に一人はスイミングスクールに通っている地域もあるそうです。

 

一番人気の習い事は水泳ですが、次点では、学習塾、英会話、ピアノ、書道と続くそうです。

 

水泳が人気の理由は、テレビの影響も多々あると思います。

テレビでオリンピックに出た日本人選手がメダルを取って、「超きもちいい!」と言ったりすると、子供もやはりその姿に憧れるんじゃないでしょうか?

やはり早く泳げる姿というのは、子供にはまぶしく映るものですよね。

 

また水に浮かぶと言うのは、リラックス効果もあるそうですし、水泳は怪我が少ないことも魅力です。

では、親が子供に水泳を習わせる理由はと言いますと。

 

check!!
  • 子供の体を丈夫にしたい!
  • 泳げるようになってくれたら、有事の際安心!
  • 私が水泳で喘息が治ったので、子供も治してあげたい!
  • 水が嫌いな子の苦手意識を取り除いてあげたい!
 

などの理由から、子供をスイミングスクールに通わせている親も多いんですね。

 

特に夏場は、水泳をすれば、体を動かしていても汗を気にする必要がないので、運動後もすっきりとします。

クロールが出来るようになれば泳ぐことに自信も持てますし、くたくたになるまで泳いだ後の解放感は泳いでみないとわかりません。

「今日は50M泳げるようになったよ!」など、結果がわかりやすいのも水泳の魅力かもしれませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

子供に水泳を習わせるメリット

水泳を子供に習わせる理由は前述した通りですが、人気の秘密はメリットが沢山あるからなんです。

親にしてみれば、せっかく水泳を子供に習わせるのですから、何かしらのメリットがあった方が良いですよね?

以下に、水泳を習うことで得られるメリットをご紹介しますと。

 

check!!

●怪我をしづらいこと

水中なので、子供が怪我をしづらいのは大きなメリットです。

体育系の習い事では、例えば空手や体操などは、骨を折ったりなどの怪我も多いです。

でも、水泳なら、無茶をしさえしなければ、怪我をすることは滅多にありません。

それもまた、習い事の水泳が人気の理由です。




●初期費用が少なくて済むこと

スイミングは、必要最小限の水着と水泳キャップがあれば良いので、親の費用負担が少ないと言うメリットもあります。

制服などが無い分、余分な費用がかからないことで、親側の金銭的なメリットもあるというわけです。

また室内で泳ぐため、天候に左右されないのも魅力ですね。

風邪などをひかない限りは、いつでも泳げるのもまた嬉しい所です。




●体が程良く鍛えられること

水泳では、左右の腕だけではなく、足も使うので、全身が程良く鍛えられるのもメリットの一つです。

良く逆三角形の体型なんて言われますが、身長も伸びやすくなると言われています。

トップアスリートであっても、水泳をトレーニングに入れてることからもわかるように、水泳では質の高い筋トレも同時に行えるんですね。




●体力がついて健康になること

水中では、ハードな運動をしていなくても、水圧が常にかかることもあり、自然と泳ぎながら基礎体力も付きます。

中には、水泳の習い事を始めてから、子供が風邪などをひかなくなったなどの声もあると言います。

水泳は有酸素運動にもなりますので、軽い運動でしっかりと体力が付くのもメリットの一つですね。




●心肺機能が上がること

水泳は、喘息にも効果があると言われているくらい、心肺機能をアップさせます。

水中で息継ぎを覚えることで、知らず知らず呼吸器などが鍛えられるんですね。

また喘息の子供には辛い埃などとも無縁なので、安心して子供を通わせることが出来ます。

体の負担が少なくて済むうえに、体を鍛えられるならこれも嬉しいメリットですね。




●お風呂を怖がらなくなること

小さい子供の中には、お風呂のシャワーを怖がる子供もいます。

でもこちらも水泳に慣れると、シャワーをかけても平気になると言うメリットがあります。

お風呂に入れるのが楽になるのも、忙しいママさんには嬉しいですよね?




●水難事故に備えられること

大災害レベルならどうしようもないですが、海水浴に行った時などに水難事故にあうことも、もしかしたらあるかもしれません。

その時に自分の命を自分で守れるかどうかは重要です。

自転車にしても泳ぐことにしても、親がいつまでも側で見守ることは出来ません。

ある程度は自力で何とか出来るようにしてあげることは、親の責任でもあります。

何かあった時に、役に立つ。

それもメリットの一つと言えるかもしれません。




●運動神経と関係ないこと

学校では良くある水泳の授業ですが、水泳を習っている子供は、学校のプールだって全然怖くありません。

加えて、水泳は慣れの要素が大きいので、運動神経とは余り関係ありません。

例え運動神経が0と言われる子供であっても泳げる子供は沢山います。

ですので、泳げるという自信が付くことも、大きなメリットと言えます。

「あの子、他の運動はダメだけど、水泳はすごいわね。」なんて言われたら、親も鼻高々ですね。




●我慢強くなること

泳げるようになると、子供にも達成感が生まれます。

出来ないことが出来るようになるということは、そこまでに達する間に我慢をすることになり、結果我慢強くなるというメリットもあります。

最初は泳げなくても、我慢をすることで泳げるようになったら、子供だって嬉しいですし、親だって嬉しいものです。

 

このように、水泳には数多くのメリットがあります。

そのうちに、親よりも泳げるようになるかもしれませんし、もしメタボ気味の子供がいらっしゃいましたら、ぜひ水泳をさせてあげて下さい。

体重が多くても、もっと言えば、脂肪が多い人ほど水に浮くわけですから、楽しみながらメタボも解消出来るかもしれませんよ?

 

 

 
スポンサーリンク

子供が水泳を習うことによるデメリット

子供の習い事で水泳が人気の理由って?どのような効果がある?
さて、メリットが多いと書いた水泳の習い事ですが、メリットがある以上デメリットもやはり存在します。

 

水泳の場合、デメリットは本当に少ないんですが、覚えておくことでデメリットを防ぐことも出来るかもしれません。

では、水泳をすることでのデメリットですが。

 

check!!
  • プールの水から細菌が付着してしまう
  • 塩素が多い水に浸かることで、目が充血したり、皮膚が乾燥する
  • 屋外の場合、紫外線対策が大変
 

プールの水は、色々な人が浸かるわけですから、体に付いた雑菌や細菌が子供の体にも付着してしまうことがあります。

それを防ぐために、塩素で消毒はしているのですが、それでも水泳が原因で何らかの感染症になる可能性もあります。

プールに入った後、良く目を水で洗いなさいというのは、眼病予防でもあるんですね。

 

また塩素が強いプールでは、眼病ももちろんですが、肌が赤くなったり、乾燥肌になったりする子供もいます。

プールの後は、シャワーを浴びてから出るとは思いますが、心配な場合は、家に帰ってきたらすぐに、シャワーを浴びると良いかもしれません。

 

紫外線の場合は、屋外である以上どうしようもないこともありますが、それでもケアをすれば、子供の肌を守ることも出来ます。

 

「習い事に通わせた後は、好きにやって。」では親失格です。

塩素は洗い流すことで予防できますし、紫外線対策も保湿クリームを塗るなどして、しっかりとケアしてあげて下さい。

 

また、水泳の習い事がきっかけで、逆に子供が水を怖がったりしてしまうなどのデメリットも出てくることがあります。

 

どんな習い事でもそうですが、子供が楽しく続けられなければ意味がありません。

ですので、親も水泳を習わせるのなら、事前にどんなスクールなのかをしっかりと調べ、子供にあったスイミングスクールを選ぶようにして下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

子供の習い事で水泳が人気の理由って?どのような効果がある?
ということで、水泳が子供に人気の習い事である理由や、メリットとデメリットなどをご紹介してみました。

水泳は泳ぐとすっきりすることが多いですし、「今日は何メートル泳げたよ!」と達成感も大きい習い事でもあります。

 

子供が水を怖がらなくなることもあるそうで、お風呂に入れるのが楽になったとのママさんの声も。

ただ、どんな子供も水泳が好きになるかと言いますと、それは子供の性格にもよります。

 

プールが好きであっても、習い事の水泳は嫌いという子供もいると思います。

もし泳ぐのが好きなはずなのに、習い事を嫌がるという場合は、スクールを変更するなどしてみて下さい。

 

どんな習い事だって、楽しいことがないと続けられないものです。

せっかく水泳には沢山のメリットがあるわけですから、子供が楽しく続けられるのが一番ですよね?

 

ですので、子供を習い事に通わせて終わりではなく、その後の体や心のケアも忘れずに行って下さい。

それもまた、親の責任の一つだと思います。