生活・雑学

足が蒸れると臭いの原因に!?対策と解消法を知りたいっ!!

靴を脱いだ瞬間にむわっと漂う臭いにおい。

自分でも思わず鼻をつまんでしまうほど、臭いですよね。

そこまで自分は臭くないという人も、長時間靴を履いていれば蒸れて多少は臭くなっています。その臭さには、足の雑菌が大きく関係しているのです。

その原因と対処法をご紹介します。

足の臭いの原因とは?

私たちの体の中には臭いの原因となる汗を出すアポクリン腺がある部分と、エクリン腺という臭いのない汗を出す部分があります。

足は蒸れると臭いがすることもあるので、アポクリン腺があると思われがちですが、実は臭いのない汗を出しているのですね。

そのためにケアをすれば臭いは十分に消すことができるということがわかります。

ではどうして臭いが発生するのでしょうか?

それは汗や蒸れによって、足の雑菌が繁殖してしまうからです。雑菌というものは、暖かいところ、湿度があるところを好みます。そのために足は最適な環境だといえますね。

また足は毎日洗うし、靴下も洗濯する、でも靴は毎日は洗わないですよね。

そのために一日ではしっかり中の蒸れが解消されず、それを履き続けることによって雑菌が繁殖してしまうのです。

雑菌の種類もいろいろあります。有名なのはバクテリア、そして水虫の原因になる白癬菌といわれるものです。

水虫になると独特の足のにおいがするので、すぐにわかります。また自然に治ることが難しいので、皮膚科で治療することも必要なものなのです。
スポンサーリンク

どうやったら予防することができるの?

足の臭いを発生しない原因は清潔を保つこと、これにつきます。

これは足の皮膚だけではなく、靴下、靴などすべてに関連をしてくることです。

例えば独特の臭いを発生する水虫ですが、水虫の人が使用したバスマットを一緒に使ったとしても、一日に一回きちんと足を洗っていれば感染はしないといいます。

その洗い方としては、薬用の石鹸やボディーソープを使用する、また爪や指の間も丁寧に洗う。そして最後はきれいに水気をふき取っておくということが大切です。

また靴下は毎日交換する。靴下も5本指靴下を使用すると指1本1本が独立し、蒸れにくくなります。

靴は毎日同じものを履かず、一日ごとに違うものを履く、それが不可能であれば夜の間にしっかり乾燥させるようにすることです。

靴の中敷きを使用し、それを毎日交換するというだけでも蒸れを予防し、臭いの発生を抑える効果があるのです。

長時間履く場合は、途中で一度靴を脱いで足の蒸れを取り除くようにするとよいでしょう。
スポンサーリンク

まとめ

31570

足の臭いは人の迷惑にもなることがあるので、自分で気が付いたらちょっとショックですよね。

でも自宅でできる解消法がたくさんあるので、ぜひやってみてください。

毎日きちんとできなくても、心がけるだけで足の臭いは変化してきますよ。