子育て

産後1ヶ月の過ごし方に注意!安静にしていないと悪影響が!?

昔から十月十日なんて言いますが、妊娠してから出産まで10カ月近くの間も赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんは、大変ですよね?

長い間子供を養っているわけですから、体力の消耗も激しいと思います。

だからかも知れないですが、出産の後も体が回復するには時間がかかります。

 

産後の体の回復期間は、医学用語では「産褥期(さんじょくき)」と呼ぶそうですが、産前よりも産後の方が体力の回復は遅れるとも言われています。

産褥期の過ごし方いかんで、その後の体力回復などに影響するため、産前よりも産後の方が過ごし方には注意が必要なんですね。

 

産後の1カ月は、赤ちゃんにとっても母親にとっても大事な時期です。

産褥期はどういう風に過ごせば良いのかを知っておけば、体力の回復も早くなりますし、早く外出なども出来るようになります。

 

以下に、産後1カ月の過ごし方や安静にしていないと起こる悪影響などについてご紹介します。

 

産後1カ月の産褥期ってなに?

産後の1カ月は、産褥期(さんじょくき)と呼ばれますが、もっと具体的に言いますと、産後6~8週間を産褥期と呼びます。

出産にはエネルギーを沢山使うこともあり、お産がスムーズにいったとしても、母親の体は大きなダメージを受けています。

ですので、妊娠時に変化した体が元に戻るまでには時間がかかります。

産後の回復期の産褥期が重要視されるのは、そのためです。

 

産後に赤ちゃんがいなくなることで、体も軽くなるので、動きやすいと感じる母親も沢山います。

ただ、それと同時に体力が回復するわけではありません。

 

赤ちゃんを産むと言う事は、骨盤もかなり広がっており、グラグラと安定感がなくなる状態にもなっています。

骨盤をねん挫した状態と思えばわかりやすいかも知れません。

この骨盤が通常に戻るために必要な期間が産褥期と言うわけです。

 

ですので、産褥期の間に、歩きまわったり、起きている時間が長かったりすると、体に不調を起こす事もあるんですね。

妊娠中は、骨盤の中は子宮でいっぱいになっていますが、出産すると子宮は縮まります。

そうなると、子宮が元あった位置に、腸などの内臓が下がって来てしまうんですね。

広がったままの骨盤の中に、内臓が入り込んでしまうと、縮むはずの骨盤が縮めなくなります。

そのせいで、腰痛が起きたり、お尻が小さくならなかったり、尿漏れなども起きやすくなるというわけです。

 
スポンサーリンク

産後1カ月の過ごし方には注意が必要

産後1カ月の過ごし方によって、母親の体力の回復速度は違ってきます。

産後徐々に回復する事を「産後の肥立ち」と呼びますが、産後には体力の回復を早めるためにも、行動に気を付けないといけません。

産後の肥立ちが悪いなんて言葉も聞きますが、産後1カ月の産褥期には出来るだけ動かないようにすることが大切なんですね。

以下に、産褥期=産後1カ月の過ごし方をご紹介します。

 

●とにかく安静にすること

産褥期の回復を早めたいなら、安静にするのが一番大切です。

外出もなるべく控え、体を動かさないようにすることも大事です。

また、産褥期は貧血も起きやすい時期なので、めまいなどを感じた時には無理は禁物です。

横になって体力の回復を待つのも、母親の務めとも言えます。





●産褥体操を行う


産後しばらくは運動は控えるべきですが、産後すぐでも産褥体操は行う事が出来ます。

産褥体操は、体操と言っても体を動かすわけではなく、呼吸を整えたり、寝ながら出来る足の体操などの事を指します。

体への負担も少なく、血行が良くなることで、体力の回復を早めてくれる体操になります。

例えば、こんな体操があります。







●家事も出来るだけ控える


もし里帰りして出産をしたなら、家事も自分ではやらずに周りの人に頼りましょう。

赤ちゃんの授乳やおむつの交換など、家事以外にもやることは沢山あります。

家族に頼るのは悪いことではありません。

また、里帰り出産をしない場合は、旦那さんに頼るか、宅配サービスやネットショッピングなどを利用して、極力家事は控えるようにしましょう。





●食事のバランスに気を付ける


栄養バランスの良い食事は、産後の体力回復を早めてくれます。

特に母乳で育児をしている母親の場合、赤ちゃんに栄養を取られるので、尚更普段の食事には気を付ける必要があります。

鉄分、カルシウム、タンパク質など積極的に取るようにします。

また、太るのが心配で炭水化物を抜く人もいますが、エネルギーの補給には炭水化物は必須です。

カロリーが気になるなら、カロリーの半分を炭水化物で補うなどしてみて下さい。

産後の回復食は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
産後の体力回復を早める食べ物!産後に不足しやすい栄養素とは?
産後の体力回復を早める食べ物!産後に不足しやすい栄養素とは?妊婦さんは妊娠中も大変ですが、産後も体力が減退するなど、大変な思いをされていますね。 それだけ苦労したからこそ、子供が可愛くなるの...





●いつも清潔にする


産後すぐは、体力と同時に免疫力なども落ちてしまいます。

つまりは、病気などにかかりやすい状態になっていますので、感染症などにかからないように気を付ける必要があります。

もちろんお風呂は厳禁ですので、シャワーだけで済ませるようにしましょう。

また産褥パッドも4時間ほどで交換し、トイレも出来れば温水便座などを利用すると良いです。

産後に感染症にかかってしまうと、それだけで体力回復速度は遅くなりますので、清潔に保っておくのも重要です。

 

産褥期には、体の負担が大きくなっているので、出来るだけ安静にするべきです。

それは母親の体だけでなく、赤ちゃんのためでもあります。

子供が元気に育つように、父親も周りの大人も手伝ってあげることで、母親の体力も回復しやすくなります。

家事は母親がするべきものという考えを改めることも、時には必要かも知れないですね。

 

産後は安静にしていないと悪影響が出る?

産後1ヶ月の過ごし方に注意!安静にしていないと悪影響が!?
産後安静にする理由は、何も体力の回復だけがメインではありません。

産後安静にしておかないと、色々な悪影響が出ることもあるんですね。

では、産後安静にした方が良い理由などをご紹介します。

 

悪露(おろ)が続くから

産後は、悪露(おろ)とも呼ばれる出血が続きます。

悪露の成分は、出産時に残ってしまった胎盤などの組織、血液で出来ています。

この悪露が続くのが産褥期の目安でもあり、同時に子宮が回復する目安ともなります。

悪露が続いている間は、子宮も縮んでいる最中で、他の色々な組織も回復していない証です。

産後どれだけ忙しかったとしても、悪露が続いている間は安静にすることも重要です。


骨盤が開いてしまうから

出産時には、赤ちゃんが通りぬけるので、骨盤がかなり開きます。

最大限に開ききった骨盤が元に戻るには、それなりの時間がかかります。

骨盤が戻るまでの間に、痛みを訴える人もいて、骨盤は不安定な状態になります。

産後に無理をすると、骨盤が歪んでしまい、痛みが酷くなったりするので、産後は無理をしない方が良いんですね。

骨盤矯正のおすすめグッズはコチラ!

内臓が下がってしまうから

産後には、内臓の下垂が起きます。

骨盤で押し出されていた内臓が、下がって来てしまうんですね。

産後に無理をしてしまうと、内臓がより下がりやすくなり、骨盤にはまってしまいます。

骨盤に内臓がはまってしまうと、それ以上骨盤が縮めなくなり、子宮の病気や尿漏れなどの症状が起きやすくなると言われています。


ホルモンが不安定な状態になるから

産後1カ月の間は、ホルモンバランスも不安定な状態になります。

出産前までは沢山あった女性ホルモンが、産後は一気に減少してしまうからです。

ホルモンバランスが不安定になると、体温調節ができなかったり、イライラすることも増えてきます。

産後の回復にも影響してくるので、産後安静にするのは、ホルモンバランスを整えるためでもあるんです。

 

産後安静にするのには、様々な理由があります。

やはり出産した母親のためを思うなら、大仕事を成し遂げた母親を労わってあげるべきです。

家事を手伝ってあげられる人が傍にいるだけでも、産後の回復は早くなりそうですね。

 
スポンサーリンク

まとめ

産後1ヶ月の過ごし方に注意!安静にしていないと悪影響が!?
産後の1カ月は、体力回復のために重要な時期でもあります。

産褥期と呼ばれる期間に無理をしてしまうと、後にまで影響が出る事もあります。

最初の出産の後、第二子、第三子を産む可能性もあるわけですよね?

母体にダメージを負ったままで出産を続けると、それだけでも大変な事になります。

 

家事は母親がするものというイメージをお持ちの方もいると思います。

ですが、産後の1カ月くらいは家事を代わりにやってあげるくらいの心遣いは必要です。

出産は人生の中でも、大仕事の一つです。

男性は代わってあげたくても、代わってあげることは出来ません。

だからこそ、他の面で母親の助けになってあげることが出来れば、精神面でも母親は落ち着きます。

 

特に里帰り出産をしていない場合は、頼れるのは旦那さんだけの事も多いです。

産褥期の過ごし方一つで、その後の体力の回復も違い、産後鬱になるのも防げます。

「産んでくれてありがとう」の言葉一つでも、母親になる女性の気持ちは軽くなるかも知れないですね。