マタニティ

あなたは大丈夫?セルフチェックで産後クライシス診断!

あなたは大丈夫?セルフチェックで産後クライシス診断!

産後クライシスは、誰にでも起こりうる症状です。

ただ、自分が産後クライシスになっていることに気づかず、そのまま離婚という夫婦もなかにはいます。

産後クライシスの原因は色々ありますが、誰でもがかかりうる可能性があることを知っておきましょう。

母親は、出産と言う大きな仕事を終えても、育児に移行することで休む暇がありません。

だからこそ、夫が気づいて、育児に自分も参加することが重要です。

 

とはいえ、産後クライシスになってしまった母親は、自分の思い通りに夫が動かないことで、これまたイライラすることもあると言います。

それくらい産後クライシスにかかってしまったら、対応が難しいんです。

ですので、まずは自分が産後クライシスにかかっていないか、チェックしてみるのも良いでしょう。

自分にもわからないイライラの原因も、産後クライシスだとわかれば、対処の方法もわかるようになります。

以下に、産後クライシスかどうかのセルフチェックが出来る診断方法や何故起きるのかなどをご紹介します。

 

産後クライシスはなぜ起きてしまうの?

産後クライシスは、産後2年以内に夫婦仲が悪くなることを指しますが、それには人それぞれの原因があるそうです。

産後クライシスの原因って何?なりやすい人ってどんな人?
産後クライシスの原因って何?なりやすい人ってどんな人?産後クライシスは、産後うつと似ているようですが、意味自体に関連性はありません。 ただ、産後の精神的状況は、産後うつも産後クライシス...

一般的には、女性の産後のホルモンバランスが崩れることが、産後クライシスの最大の原因なんて言われることもあります。

 

全ての女性がそうではないですが、基本的には女性の方が男性よりも感情的になりやすいです。
男性なら理性で抑えられる部分でも、女性にはそれが難しいこともあります。

生活のリズムが崩れることで、母親は体調不良にもなりやすく、精神的にも身体的にも辛くなるので、理性で抑えるのは難しいんですね。

 

母親が辛い中、夫が全く気づいてくれないとなると、妻でなくてもイライラが募るのは仕方のない事かも知れません。

 

育児は難しいものですが、積極的に助けてくれる夫の場合、妻が産後クライシスに陥る可能性も低いと言われています。

ただ、産後クライシスに母親がなってしまうと、育児に積極的な夫にも、やり方がまずいなどと文句を言いがちです。

そうなると、今度は夫が産後クライシスに陥るなんて可能性もあります。

 

結局のところ、産後クライシスを起こさないようにするには、両親がいつでも話し合える仲になっておく必要があるんですね。

 
スポンサーリンク

産後クライシスかも?セルフチェックをしてみよう!

産後クライシスになったかどうかは、自分ではなかなか気づけません。

夫に辛く当たるのも単にわがままとみられてしまうんですね。

 

産後クライシスかどうか自己診断することは大切です。

母親にしても、ストレスを抱え込むのは赤ちゃんにも良くありません。

だからこそ、夫に自分が産後クライシスに陥ってることを認識してもらう必要があります。

 

産後クライシスは、病気ではありません。

ただ、症状が出る事だけでも夫に知ってもらえれば、育児の手助けをしてくれるかも知れないんです。

では、産後クライシスかも?と思った時に出来る、簡単なセルフチェックの症状をリストでご紹介します。

 
  • 産前は夫が好きでたまらなかったのに、産後は嫌いになった
  • 小さな事が気になり、とにかく色々なことが気にいらない
  • 夫が家事や育児をしている姿にも腹を立ててしまう
  • イライラして上の子供にあたってしまう
  • きつい発言をしたくないのにしてしまう
  • 夫婦生活そのものが嫌になる
  • 夫に触られるのも生理的に嫌になった
  • 産前と産後では別人になったね。などと言われる
  • 寂しいや辛い、苦しいなどの鬱に似た症状が現れた
 

もちろん、チェック項目が多ければ多いほど注意が必要です。

ただ、これらの症状の多くは、産後に急減してしまう女性ホルモンによる所が大きいです。

ですが、夫は経験が無いため、これらの症状にも気づいてくれない事も多いです。

特に、一番最初の子供の場合は、症状に気を付ける余裕もないでしょう。

 

産後クライシスになったかどうかを夫に知ってもらえるかどうかが一番重要なことです。

夫の理解が得られれば、母親も自分のイライラする気持ちを打ち明けることも出来ます。

 

せっかく夫婦になったのですから、夫も産後クライシスの危険性を知り、まずどんな症状が現れるのかを理解してあげることが必要です。

 

産後クライシスはあった方が良い?悪い?

産後クライシスは出来ればない方が良いと思う方が大半だと思いますが、中には産後クライシスがあった方が良いという方もいます。

中には、産後クライシスがあってこそ、両親の絆が深まり、子供の親になれると考えている方もいます。

少数派ではありますが、産後クライシス自体は夫婦にとって必要だと考えている方もいるんですね。

産後クライシスの肯定派の方は、母親としても父親としても、産後クライシスによる意見の衝突があった方が免疫がつくと思う方が多いです。

 

注意したいのは、産後クライシスの有無が重要ではないと言う事です。

産後クライシスがあっても夫の理解があれば、母親の負担が軽くなることは間違いないです。

産後クライシスがあってもなくても、夫婦としてこの先やっていけるかが一番大切な事です。

 

産後クライシスの肯定派の方の意見もわからないではないですが、夫の理解が得られないとしたら、離婚という最悪なパターンになってしまう事もあります。

子供が生まれる前なら良いですが、出産後に起こるのが産後クライシスです。

子供がいるのに、両親が離婚してしまったら、結局一番辛いのは生まれてきた子供と言うことになります。

産後クライシスは軽度なうちに治してしまうのが、両親にとっても子供にとっても良いことなんですね。

 

産後うつのセルフチェックもしてみよう!

あなたは大丈夫?セルフチェックで産後クライシス診断!産後うつと産後クライシスは別の物ですが、産後クライシスが元になり、産後うつに移行してしまう事もあります。

産後クライシスの意味と症状とは?産後うつとは違うものなの?
産後クライシスの意味と症状とは?産後うつとは違うものなの?産後クライシスと聞くと、もしかすると産後うつと同じものと考える方も多いかも知れません。 ですが、似ているようでも産後クライシスと産...

産後クライシスとの症状の違いを理解することで、産後うつもまたセルフチェックをすることが出来ます。

 

以下に、そんな産後うつのセルフチェックの項目をご紹介します。

 
  • 気分がいつも落ち込んでいる
  • 家事の要領が悪くなり、時間がかかるようになった
  • 疲れが取れない日が続く
  • 気力がわかず、何もする気になれない
  • 悲しいわけでもないのに涙が出る
  • 食欲が減退したり、食べすぎてしまうことが増えた
  • 楽しいと感じなくなった
  • 他人に会うのが辛くて、外出も出来なくなった
  • 自分をすぐに否定してしまう
  • 頭痛や下痢、胃の痛みなどが続く
  • 睡眠障害に陥っている
  • おしゃれに気を使わなくなった
  • 子供を産まなければ良かったと思う事がある
  • 夫や子供に愛情を感じなくなった
 

チェック項目が多いほど、産後うつの可能性が高いです。

産後うつもまた、産後クライシスと同じく離婚原因になることもありますので、早めに治せるなら治した方が良いです。

 

精神科に行くのが辛いなら、まず心療内科などにかかり、産後うつなのか産後クライシスなのか専門家の意見も聞いてみましょう。

重症化してしまうと怖いのは、産後うつも産後クライシスも同じです。

 
スポンサーリンク

まとめ

あなたは大丈夫?セルフチェックで産後クライシス診断!私は大丈夫と思っていても、産後クライシスの危険性は誰にでもあります。

一つ言えることは、産後クライシスと元々の性格とは余り関連性がないことです。

産後クライシスの症状の一つに、産前と性格が変わったというのがあります。

普段おとなしい人が産後クライシスになり、大きな声で人を叱ったりするようになれば、夫でなくても別人に見えることもあるでしょう。

ただ、繰り返して言いますが、産後クライシスはそういうものだと割り切りましょう。

産後クライシスに陥ったからと言って、母親の性格が変わるわけではないですし、別人に変わったわけでもありません。

 

産後うつにも通じることがある産後クライシスには、夫の理解が絶対に必要です。

育児は母親がするものと、母親にばかり負担をかけているのを見過ごすようでは、夫失格と言っても過言ではないでしょう。

子供は両親の愛情によって生まれたのですから、育児だって夫が参加しても良いはずです。

とはいえ、産後クライシスに陥った妻は、夫に辛く当たることもあります。

夫からすれば、妻の態度がまた気に障り、より育児に参加してくれないこともあるでしょう。

ですので、母親が辛いからと言って、育児に参加してくれた夫の言動に文句を付けるのも余り良いことではありません。

わがままでないことを証明するためにも、自分の辛いことを夫に言えるような環境を作る必要があります。

産後クライシスは、両親が一緒に乗り越えなくてはいけない壁なのかも知れませんね。

RELATED POST