子育て

産後のいぼ痔が痛い!素早く治す方法とおすすめの薬5選+1選!

産後のいぼ痔が痛い!素早く治す方法とおすすめの薬5選+1選!

産後にお尻が痛いと思ったら、まさかいぼ痔!?

治したいけれど病院にかかるのは恥ずかしいし…どうしよう…。

そんな悩みを持つ女性も多いですよね?

 

出産の際に、いきむことで、普段と違う力がお尻に加わるので、痔になる女性は意外と多いです。

中には、トイレで用を足そうとしていきんだら、子供が生まれてしまったという人もいるみたいです。

赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんは、トイレでも色々と気を付けないといけないので大変ですね。

いぼ痔は痛いのも嫌ですが、恥ずかしいと言うのが一番にあります。

産後なりやすいと聞いていたとしても、やっぱり実際になってしまうと恥ずかしいものですよね?

 

いぼ痔になる原因はどんなものがあるのでしょうか?

 

いぼ痔くらいすぐ治ると思っていても、放っておくと重症化してしまうかも知れません!

この記事を読んで、いぼ痔を素早く治す方法を知って痛みやかゆみから解放されましょう!

 

産後にいぼ痔になる原因は?

いぼ痔って、普通の痔とどう違うのかご存知ですか?

いぼ痔と言うのは、簡単に言ってしまうと、肛門や肛門の周りに出来る痔の一つで、いぼ状の腫れた痔のことなんです。

 

いぼ痔は出来た場所などによって外痔核と内痔核に分類されますが、特に外痔核ではトイレに行った時に痛みを伴うので、厄介な痔でもあります。

対して、内痔核の場合は、痛みがない物の血が多く出るので、こちらも厄介ないぼ痔と言えます。

また、内痔核の場合は、痛みがないので自分ではなかなか気づきにくいと言われています。

 

中には、痔だと思っていたら、大腸がんだったなんて事もあるので、痔くらいと思っていると大変な病気が隠れている恐れもあるんですね。

ですので、たかが痔とは思わずに、原因が何かを探る必要もあります。

実は、個人差があるとは言っても、産後の2人に1人はいぼ痔に悩まされていると言います。

特に多いのがいぼ痔と切れ痔です。

 

産後のいぼ痔の主な原因

産後のいぼ痔の主な原因は、二種類あると言います。

いぼ痔になりやすい原因を見ていきましょう。

 

✅分娩時のいきみが原因?

分娩時にいきむことで、肛門の近くの血管が圧迫され、血液が溜まることで痔になることもあります。

切れ痔よりもいぼ痔に多い原因で、産後のいぼ痔に悩む約30%の母親が悩んでいるとも言われているんですね。

また、妊娠中は子宮が大きくなるので、直腸の周りの血管が圧迫されて血行が悪くなります。

血行が悪くなることで、血管にしこりが出来てしまい、それもまた産後のいぼ痔の原因とされているんですね。




✅元々が便秘がちだった

妊娠中や産後は、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいがちっです。

そのためか、便秘に悩まされる女性も多くいます。

また、産後になると授乳が始まることで、母親の体内の水分が不足し、それが原因で便秘になる事もあるそうです。

便秘になると便が固くなってしまうので、肛門の周りが傷つきやすくなり、いぼ痔だけでなく切れ痔になる可能性も高いんですね。

更に、産後は出産の時に緩んでしまった腹筋の影響で、トイレに行っても上手くいきめなくなるのもいぼ痔になりやすい原因と言われています。

 

便秘になると、いぼ痔や切れ痔の危険性は増します。

妊娠中には便秘になりにくい薬が処方されることもあるそうですが、いきむ事が原因でいぼ痔になることもあります。

ですが、ある意味産後のいぼ痔は、赤ちゃんを無事産んだ証とも言えるかもしれないですね。

 
スポンサーリンク

産後のいぼ痔を自宅で素早く治す方法

産後にいぼ痔になったら、一番の方法は病院を受診することですが、やはり恥ずかしくていけないという方もいますよね?

そんな時に便利な自宅で治せる方法をご紹介します。

 

✅まず便秘を改善しよう!

産後のいぼ痔の原因は、前述もしましたように、便秘が大きく関わっています。

ですので、まずは便秘を改善出来れば、いぼ痔も治すことが出来ます。

便秘の改善と言うと、ごぼうなどの食物繊維を積極的に取る人が多いですよね?

でも実は、便秘を解消するには、水分を取ることの方が大事なんです。

便の70%は水分出来ていますが、授乳をすると一日に1リットルもの水分が失われているんですね。

食物繊維を取る事ももちろん大事なんですが、水分の補給も忘れずに行って下さいね。




✅バランスの良い食事を取ろう!

産後のいぼ痔は、一度治ったと思っても、再発することもあるそうです。

食生活が乱れてしまうと、いぼ痔の完治は遅くなります。

痔と聞くと便秘ばかりスポットが当てられがちですが、実は下痢もまたいぼ痔の原因となります。

便秘や下痢を解消することが、いぼ痔の治療にもなります。

栄養バランスの良い食事を取りながら、食物繊維を多めに取るようにしましょう。

あわせて読みたい
産後の体力回復を早める食べ物!産後に不足しやすい栄養素とは?
産後の体力回復を早める食べ物!産後に不足しやすい栄養素とは?妊婦さんは妊娠中も大変ですが、産後も体力が減退するなど、大変な思いをされていますね。 それだけ苦労したからこそ、子供が可愛くなるの...




✅血行が悪くならないようにしよう!

妊娠中に痔になってしまう人の多くは、子宮が大きくなることで血行が悪化することで起こります。

こちらも便秘と似ているんですが、産後も血行が悪くなるといぼ痔が悪化してしまいます。

下半身を冷やさないように、冷たい食べ物や飲み物を取らないことも大事です。

冷え性だと夏は良いですが、冬は辛いですよね?

また冷えが便秘の原因になることもありますので「女の子は下半身を冷やさない方が良い」という昔からの知恵はあながち間違いではないんです。

 

家で出来ることで、いぼ痔の治療が出来るなら、こんなに嬉しいことはありませんよね?

それでも重症化してしまったら、その時には必ず病院(婦人科か肛門科)を受診して、根本的にいぼ痔を治しましょう。

いぼ痔が重症化すると、大腸がんなども併発することがありますので、注意するようにして下さい。

 

産後のいぼ痔におすすめの薬6選!

産後のいぼ痔が痛い!素早く治す方法とおすすめの薬6選!!産後にいぼ痔になってしまったら、薬を使うのも良いですね!

一応授乳中の場合は、薬に副作用がないか注意すべきですが、授乳後ならばある程度の薬は飲めるようになります。

以下に、いぼ痔に効く市販薬のおすすめをご紹介します。

 

●ピーチラック

ピーチラックと言うのは、いぼ痔や切れ痔に効くと言われる第二類医薬品になります。

漢方薬の一種で「乙字湯(おつじとう)」という漢方が使われているんですね。

いぼ痔に使う薬は塗り薬も多いですが、こちらの薬は漢方薬なので、体内からいぼ痔を治す薬となってます。

体内から根本的に治すなら、ピーチラックもおすすめです。





●ボラギノール

ボラギノールは、日本人なら知らない人はいないんじゃないでしょうか?

それくらい有名な痔の薬ですね。

いぼ痔の痛みや腫れ、出血に効く薬で「注入軟膏」「坐剤」「軟膏」などの種類があります。

ステロイドが配合されていないことでも有名で、より安心して使える薬です。

内服薬などもありますので、体内からいぼ痔も治すことが出来るんですね。

軟膏にするか内服薬にするか、症状に合わせて選ぶと良いですね。

●プリザエース

プリザエースは、大正製薬から販売されている薬で、扱っているのは外服薬のみです。

痛みや出血を抑制してくれる上に、炎症も抑えてくれるので便利ですね。

坐剤や注入軟膏などの種類がありますので、こちらも症状に合わせて選んでみましょう。

●リシーナ

リシーナは、前述した薬に比べると知名度は低いですが、メンソレータム軟膏などがあります。

いぼ痔や切れ痔だけでなく、裂け痔にも効果がある薬で、痛みや腫れ、かゆみ、出血を抑えてくれます。

患部を殺菌することで、いぼ痔を治してくれる薬なんですね。

●G4・L(ジーフォーL)

ジーフォーLは、注入型の軟膏がメインですが、内服薬も用意されています。

いぼ痔のかゆみや腫れ、痛みを抑えてくれますし、ただれなども治してくれる嬉しい効果があります。

加えて、他の痔の薬には余りない、肛門の粘膜を正常に戻してくれる働きもあります。
 


●オシリア

オシリアは、軟膏タイプの痔の薬です。

特に肛門のかゆみに効く薬で、いぼ痔専用ではなく、切れ痔などの痛みやかゆみも抑えてくれるんですね。

即効性があるので、かゆみや炎症、腫れなど我慢できない症状に効いてくれます。
 

薬のおすすめをご紹介しましたが、応急処置の薬が多いことには注意して下さい。

もし根本的に治したいのでしたら、やはり肛門科か婦人科に通うのが一番確実です。

 
スポンサーリンク

まとめ

産後のいぼ痔が痛い!素早く治す方法とおすすめの薬6選!!産後のいぼ痔に悩まされている女性は、意外と多いです。

でも原因を見てみると、それはある意味出産を無事終えた証でもありますよね?

昔あるテレビ番組で、妊娠線が出来てしまった女性が夫に「赤ちゃんを産んだ証なんだから、誇りにして良いんだよ。」と言われるという心温まる話がありました。

いぼ痔もそれに似た所があると思いませんか?

 

産後のいぼ痔に悩まされている女性は、2人に1人と呼ばれるほど多いです。

でも素早く治す方法を知っていれば、いぼ痔で悩む必要もないんです。

一番確実に素早く治すなら、肛門科や婦人科などを受診するのが良いですが、いぼ痔が恥ずかしいと思ってる女性には辛い所ですよね?

悩む気持ちはわかりますが、いぼ痔は治すことの出来る病でもあります。

もしかすると、いぼ痔の原因は普段の食生活などにも原因があるかもしれません。

まずは、栄養バランスの良い食生活を送ったり、水分を多めに取るなど、自宅で治せる方法を試してみませんか?

 

何度も言いますように、いぼ痔はある意味産後の勲章です。

ですので、いぼ痔は実際には恥ずかしい事でも何でもないんです。

治らないと悩む前に食生活の改善など、自分で出来ることから始めてみましょう!