みなさんにとってクラゲってどんな存在ですか?

海水浴中に刺されたり、ぶよぶよしてて気持ち悪いなど、あまり良いイメージを持ってないのではないでしょうか?

しかしっ!!実は今、クラゲが癒しのペットとして注目を浴びてるのです!!

今回はそんなクラゲの入手方法やクラゲの種類、価格はどのくらいなのか。

またクラゲの飼育方法や飼育時の注意点にも触れて調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

クラゲの種類別価格と飼育に必要な物

クラゲは海水魚を扱っているペットショップで購入することができます。

各種クラゲは、産地やサイズによって多少価格が変わりますので参考にしてくださいね。

クラゲの種類

ミズクラゲ
areas_ninki_19_img (特 徴)
日本各地の沿岸でもよく見かけ、半透明の鏡餅みたいな形をしている。
(生息地) :世界中の海
(傘の直径):15~30cm
(価 格) :1匹 約1,500円

サカサクラゲ
20090512133259 (特 徴)
上下逆さまになって海底に沈んでいる。
(生息地) :熱帯地域と亜熱帯地域
(傘の直径):約20cm
(価 格) :1匹 約1,300円

カラージェリー
IMGP0011 (特 徴)
体内にいる褐虫藻の色により体色が白・青・赤などに変化する。
(生息地) :インド洋~西太平洋
(傘の直径):約10~20cm
(価 格) :1匹 約2,000円

タコクラゲ
201004131606036ea (特 徴)
タコのような見た目で、口腕が8本あり色は褐色、頭の部分に水玉状の白いスポットがある。
(生息地) :関東以南の海
(傘の直径):約10~20cm
(価 格) :1匹 約1,100円

エイレネクラゲ
ne03115b (特 徴)
傘の直径が2㎝に満たない透明感のある繊細なクラゲ。
(生息地) :天草地方
(傘の直径):2cm未満
(価 格) :1匹 約1,000円

エダアシクラゲ
simg_jellyscience02 (特 徴)
ベル型の傘と口柄の周囲に発達する生殖腺が特徴的で、触手を目いっぱい広げても1㎝ぐらいしかない。
(生息地) :日本各地の近海
(傘の直径):約3mm
(価 格) :1匹 約200円

アンドンクラゲ
img_4 (特 徴)
傘高3㎝~5㎝くらいあり、触手を伸ばすと20㎝を超える。無色透明で発見しにくい。
(生息地) :日本各地の近海
(傘の直径):約2cm~4cm
(価 格) :1匹 約1,300円

クラゲの飼育に必要な物

  • クラゲ専用の水槽
  • エアーポンプ
  • 海水
  • 水温計
  • 水槽専用のヒーターやクーラー
  • 比重計
  • エサ(ブラインシュリンプ)
以上のものは最低限必要な物ですので必ず用意しましょう。

またこの他に、海水を交換する時に使う人工海水作製用のバケツやクラゲの水合わせ用のプラケース、クラゲを移すとき用のネットやおたまなどもあると便利です。

スポンサーリンク

クラゲが購入できるショップと便利な飼育グッズ

クラゲは以下のショップで購入することができます。

・Jelly Club HomePage
・くらげショップ My-AQUA
・RELAX AQUARIUM K:z
・charm

クラゲには「刺すクラゲ」といわれているアンドンクラゲや、刺胞毒が強いツインテールボックスジェリーなど初心者向きではない種類もありますので注意が必要です。

初心者でも飼いやすいのはミズクラゲ、サカサクラゲ、カラージュエリーなどで、サカサクラゲは水流が必要ないので、条件さえ合えば普通の海水水槽の中で飼うことも可能です。

その中でも、カラージュエリーは見た目が美しいので、とても人気があってオススメです。

クラゲ専用の水槽には、自動で水流を起こす、エビが簡単に孵化するなどの機能があったり、LEDライトやエアーポンプが付いている物があるので、それらを使用すると管理も楽になりますね。

海水は市販の海水の素を使って作ると便利です。

クラゲは水温とpHの変化に弱く、水温とpHを管理しなければならないので水温計と比重計が必要になります。

水温が15℃を下回る時はヒーターを入れ、25℃を超える時はクーラーを入れるようにしましょう。
スポンサーリンク

その他の注意点

クラゲの水槽に海水魚を入れると、クラゲが食べられてしまうので、クラゲのみで飼うようにしましょう。

自然界のクラゲは海流に流されて自由気ままに泳いでいるので、水流ポンプを利用して水槽内に水流を作る必要があります。

そして、水流ポンプにクラゲが巻き込まれる事故を防ぐために、ポンプの吸い込み口をスポンジなどで覆っておきましょう。

海水は、苔の発生具合や水の汚れに応じて1~2週間に1度交換し、水温は23度前後になるように調節し、pHも定期的に計って一定に保ちましょう。

多くのクラゲは光が不足すると衰弱して死んでしまうので、長期飼育したい場合はメタルハライドランプ(メタハラ)を設置した方が良いでしょう。

エサは2~3日に1度、孵化させたブラインシュリンプを与えます。

1度に多くの量を与えすぎると水質が悪化するので、様子を見ながら適量を与えましょう。
スポンサーリンク

まとめ

水族館などでクラゲが光っている所を見た事があるという人は結構いるのではないでしょうか?

飼育するには少し揃える物が多かったりしますが、あの美しい輝きが家で楽しめると思うと少しワクワクしたりしますよね。

これを機にクラゲの飼育を始めて、クラゲ達に癒されてみて下さいね!!