雑学・節約術

2019年の年間休日の日数何日?天皇陛下即位でGW10連休&10月22日も休み?

2019年の年間休日の日数何日?天皇陛下即位でGW10連休&10月22日も休み?

2019年のゴールデンウィークは、10連休になる?!

そして、2019年の10月22日も祝日となる!?

そんな情報が巷で飛び交っています。

本当だとしたら、今までで最大の連休になるかもしれないんです!

 

と言うのも、来年は新天皇陛下が即位されます。

現天皇陛下はお年を召されても精力的に働かれていましたから、譲位も遅すぎたくらいに感じます。

そして今回は初となる生前退位と言う事、また元号=和号が何になるのかにも注目が集まっています。

 

そんな中気になる情報が現れました。

天皇陛下の即位に関して、まだ確定事項ではないようなのですが、来年の5月1日が生前退位の日になり、休日が増えるらしいんです!

どうやら、年内に臨時国会で退位の日が決まるそうで、それがゴールデンウィークに重なるかも知れないんですね。

 

5月1日と言えば、ゴールデンウィークの真っ最中なので、それに伴い休日が増えるとしたら、学生時代以来の長期連休になる可能性もあります。

そうなると、ゴールデンウィークが本当の意味でゴールデンに輝く10連休になる可能性も見えてきます。

 

この記事を最後まで読めば、来年のGWがなぜ10連休になる可能性があるのかわかります!

 

5月1日が祝日になるとGW10連休!?

2019年のゴールデンウィークが何故問題になるのかと言えば、それは日本にある法律が関係しています。

日本の「国民の祝日に関する法律」の第3条には、以下のような法律があります。

「その前日および翌日が【国民の休日】である日は、休日とする。」

問題になっているのは、正にこの部分です。

つまり、祝日=休日に挟まれている部分はその日も休日になるということですね。

 
27
(土)
28
(日)
29
(月)
30
(火)
5/1
(水)
5/2
(木)
5/3
(金)
5/4
(土)
5/5
(日)
5/6
(月)
土曜日日曜日昭和の日国民の休日新天皇即位の日国民の休日憲法記念日みどりの日こどもの日振替休日
 
 

今までのゴールデンウィークでは、三連休と五連休の間が空いていたので、真ん中が平日となり、連休が飛び石状態になっていました。

そこに今回の5月1日が追加されると、5月1日の前日の4月30日がまず休日となり、5月1日の翌日の2日も休日となります。

と言う事は、5月1日が改元記念日に指定されるので、土日も休日になると換算して、10連休が誕生してしまうんですね。

 

ただ、休日が増えるとその前後の仕事がとても忙しくなってしまうので、職種によっては有難くないかもしれませんね。

何故夏休みが、海外並みに半年無いの?と子供の頃は不思議に思ったことがありますが、夏休みでも冬休みでもないのに、10連休になるなら喜ぶ子供は多いでしょう。

他の年とは違い、2019年はちょうど土日とゴールデンウィークが重なる、長期連休になる可能性があるんですね。

 

一部では「19年問題」とも言われるくらい、天皇陛下の退位と即位が話題に上がるのが2019年なんですね。

元号が変わると言う意味では、昔あった「2000年問題」に近い部分もあるかも知れません。

 

サラリーマンには、吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、もし10連休が続いたとしたら、それはそれで歴史的な休日になりそうですね。

偶然にしてもすごい年となりそうな予感です。

 
スポンサーリンク

10月22日も祝日となる!?【追記】

2018年の11月13日に「2019年5月1日」「2019年10月22日」1年限りの祝日とする法案を閣議決定したそうです。

 
  • 2019年5月1日は皇太子様が新天皇に即位される日
  • 2019年10月22日は新天皇即位を公に知らせる「即位礼正殿の儀」が行われる日
 

2019年の年間休日(土日祝日)で何日?

ゴールデンウィークは長期連休になりそうな予感がありますが、土日祝日休みの場合の年間休日は何日になるのでしょうか?

まずは月ごとの祝日を確認してみましょう!

✅1月の休日
  • 1月1日(火)元日
  • 1月14日(月)成人の日
✅2月の休日
  • 2月11日(月)建国記念日
✅3月の休日
  • 3月21日(木)春分の日
✅4月の休日
  • 4月29日(月)昭和の日
    ※10連休スタート!?
  • 4月30日(火)国民の休日
✅5月の休日
  • 5月1日(水)新天皇即位の日
  • 5月2日(木)国民の休日
  • 5月3日(金)憲法記念日
  • 5月4日(土)みどりの日
  • 5月5日(日)こどもの日
  • 5月6日(月)振替休日
✅6月の休日
  • 6月は祝日なし…
✅7月の休日
  • 7月15日(月)海の日
✅8月の休日
  • 8月11日(日)山の日
  • 8月12日(月)振替休日
✅9月の休日
  • 9月16日(月)敬老の日
  • 9月23日(月)秋分の日
✅10月の休日
  • 10月14日(月)体育の日
  • 10月22日(火)即位礼正殿の儀(追記)
✅11月の休日
  • 11月3日(日)文化の日
  • 11月4日(月)振替休日
  • 11月23日(土)勤労感謝の日
✅12月の休日

2019年には唯一あった休日が無くなります。

と言いますのも、天皇陛下陛下が退位されることで、天皇陛下誕生日が消えるからです。

 

2019年の土曜日と日曜日は全部で104日あります。

祝日と振替休日を含めた休日合計は21日になります。
祝日と振替休日を含めた休日合計は22日になりました。【追記】

しかし、21日の中で5日は土日と重っているため…

104+21-5=120日
104日+22日-5日=121日

2019年の土日祝日は121日となります!!

 

 

ちなみに、皇太子の誕生日が2月23日なので、2020年から天皇陛下誕生日になる予定です。

とは言え、今までの歴代天皇陛下の誕生日が違う休日になっていた事もあり、もしかしたら違う名前の休日になる可能性は大です。

休日に関して言えば、激動の年になりそうな2019年ですね。

 

2月23日が天皇誕生日になるのは2020年から

【2019年】年間休日の日数は何日?天皇陛下即位の日でGW10連休!2019年は天皇陛下の即位と生前退位が行われることもあり、今の所確定ではないにしろ、5月1日が休日になる可能性は濃厚です。

元号が何になるのかも気になる所ですが、一年の途中で元号が変わるので、新天皇陛下の誕生日が来年の休日になる可能性は低そうです。

また、前述もしましたが、現天皇陛下の誕生日が来年からは休日にならない可能性もあるので、一番問題になるのはやはりゴールデンウィークでしょう。

 

改元記念日が5月になるかどうかはさておき、来年には祝日が一つ増えることになります。

どうせなら、やはり5月の1日に改元されてくれれば、日本史上初の大型連休になる可能性もあります。

 

日本では西暦の他に元号があるので、休日などもその分浸透するまでに時間がかかりそうではありますが、新天皇陛下の即位と生前退位が行われる歴史的な一日になりそうです。

天皇誕生日も休日でなくなる可能性がありますが、その代わりに何か別の名前の休日になる可能性もあります。

そう言えば、大正天皇陛下の誕生日だけは、休日となっていませんね。

これは色々憶測があるのですが、夏場は大型連休=夏休みがあるため、国民の休日として扱われていないらしいですね。

また大正の天皇陛下は即位期間が短かったのも、もしかしたら影響しているのかも知れません。

 
スポンサーリンク

まとめ

【2019年】年間休日の日数は何日?天皇陛下即位の日でGW10連休!2018年は、例年に比べると、少し休日が多かったようにも感じますが、もし2019年が10連休になったら、すごいことですよね!

祝日が土曜や日曜の振り替え休日が増えたのは嬉しい事ですが、その分休日の意味合いが変わって来ているのは少し寂しいことですね。

私が若い頃は、10月10日が体育の日=目の日など、ごろ合わせだったり、記念日が休日になる事も多かったのですが、その分休日には意味を感じる事も多かったです。

日本では休日が少ないという意見もありますが、休日が程良く散らばっていることで、逆にONとOFFの切り替えが上手になっている可能性もあります。

6月だけは休日がありませんが、それには記念日がない事や、学力低下の問題など複雑な事情があるそうです。

休日が多くても少なくても、仕事とプライベートの区別がしっかり付くように、普段から心構えを持つ必要があるのかもしれないですね。