生活・雑学

年賀状で引っ越しの挨拶はマナー違反?注意点と書き方【例文有】

年賀状で引っ越しの挨拶はマナー違反?注意点と書き方【例文有】

念願の引っ越しが終わったから、早速年賀状で挨拶したい!

でも…引越しの挨拶を年賀状でするのはマナー違反なの?

 

最近引っ越しの挨拶を年賀状でする方が増えているそうですが、一部ではマナー違反との声もあり、迷ってしまう事はありませんか?

実は年賀状で引っ越しの挨拶をしていいのは条件付きなのです。

 

年末年始はどこのご家庭も慌ただしくなりがちです。年賀状で引っ越し挨拶を送って良いのは、その慌ただしさがポイントになります。

年賀状で引っ越し挨拶をする事自体がマナー違反と言う事ではなく、時期を間違えるとマナー違反になる事があるのですね。

また、他にも引っ越し挨拶を年賀状でする場合に、気をつけたい点や書く時に便利な例文集があります。

 

この記事を最後まで読めば、引っ越し挨拶を年賀状でする時の最適のタイミングや書き方がわかるようになりますよー!

 

年賀状と引っ越しの挨拶を一緒にすることはマナー違反?

引っ越しの挨拶を年賀状でする場合、ポイントになるのは引っ越しした時期になります。

11月や12月は慌ただしい時期にあたりますので、その時期に限っては、年賀状で挨拶をしても良いと言われています。

 

もし10月より前に引っ越しをした場合や3月が始まってからは、年賀状とは別に挨拶状を送るべきなのです。

この時期以外に引っ越しの挨拶を年賀状でしてしまうと、マナー違反というよりも「手抜き」などと思われてしまうので気を付けましょう。

 

また、離婚が原因で転居する場合などは、送る相手が心配している可能性もありますので、さりげなく報告を送ってみましょう。

年賀状でも大丈夫ですので、新しい住所の横にそっと一言書き添えるだけでも相手に気持ちは伝わります。

例えば、このような感じに文面に添えるのがおすすめです。

 
  • この度、旧姓に戻りまして、新しい人生を始めることにしました。
  • 旧姓に戻ったので、再出発をすることになりました。
 

などの例文を添えると良いでしょう。

最近ではメールやLINEで引っ越し挨拶をする方も増えましたが、やはり大事な用事は年賀状などの文面で知らせる方が気持ちが伝わる気がしませんか?

親しい友人間ならそれでも良いですが、やはりお世話になった方や上司などの目上の方には、葉書を使ってしっかりと伝えるのがマナーです。

 

引っ越しの挨拶を年賀状でする場合、慌ただしい時期でもありますので、文面自体をプリントして送るのはOKと言われています。

その場合も、プリント文だけではなく、一言を添えるのを忘れないようにしましょう。

時期さえ気をつければ、年賀状で引っ越しの挨拶をするのは、マナー違反ではないということですね。

 
スポンサーリンク

普通に出す年賀状と違って注意する点はどこ?

引っ越しの挨拶を年賀状で出す時には、普通の年賀状と違い、注意する箇所があります。「新しい住所を知らせてそれでおしまい。」という訳にはいかないのですね。

11月~2月の間に引っ越しをした場合は、年賀状で引っ越しの挨拶を済ませてしまうのが一般的と言われています。

ただ、産後の忙しい時期など場合によって臨機応変に変える必要がありますので、どうしても年賀状で挨拶をしたい場合には、文面などに気をつけて失礼のないように送りましょう。

では、引っ越しの挨拶を年賀状で出す場合に注意する点をまとめてみました。

 

新住所を目立つように書く

年賀の挨拶と転居の挨拶を同時に一枚の葉書で済ませるわけですから、住所が変わったことに気づいてもらえない可能性があります。

しっかりと年賀状を読んでもらえれば良いですが、案外住所が変わった事に来年の年賀状で気づくなどのケースもがあります。

ですから、新住所はわかりりやすいように書き、年賀の挨拶も兼ねて転居の意思を伝えましょう。

 

転居がメインとなる年賀状にしない

年賀状に引っ越しの挨拶を同時に書いても良いとはいえ、そもそもが年賀状は年賀の挨拶を書くものです。

それなのに、新住所を目立たせる余りに転居の挨拶がメインになってしまうのは、本末転倒になります。

くれぐれも転居がメインにならないようにしましょう。

 

年賀状で引っ越し挨拶をする時の書き方の例文は?

年賀状で引っ越しの挨拶をするのはマナー違反?注意点と書き方の例文集!引っ越し挨拶を年賀状で済ませる場合、繰り返しますが、同時に二つの事を伝えることになりますので、相手に失礼のないようにする必要があります。

手抜きと思われるかどうかは、文面にも影響して来ます。親しい友人の間なら笑い話ですむ事であっても、目上の人にはそうはいきませんよね?

以下に、一般的な転居の例文と転勤や異動による転居の例文をいくつかご紹介します。

 

一般的な転居の挨拶の例文


☑文例1

あけましておめでとうございます。

昨年転居しまして、心新たに新年を迎えることが出来ました。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

☑文例2

謹んで新年のご祝辞を申し上げます。

今年は我が家も新居で新年を迎えることとなりました。

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さい。

☑文例3

この度引っ越しをすることになりました。

慣れない場所での生活ではありますが、楽しく毎日を過ごしています。

お近くにお寄りの際は、ぜひ遊びに来て下さい。

 

転居の理由が普通の引越しの場合は、上記のように書けば問題ありません。

 

転勤や異動などによる転居の挨拶の例文


☑例文1

あけましておめでとうございます。

この度転勤を機会に下記住所に転居いたしました。

本年もよろしくお願いいたします。

今後とも変わらぬお付き合いをいただけますように

どうぞよろしくお願いします。

☑例文2

昨年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

●●月に●●営業所に勤務となり、下記住所に移転しました。

お近くにお越しの際には、ぜひご連絡下さい

 

多少差はありますが、基本的には転居の挨拶をしっかりと済ませた上で、年賀の挨拶も書けば大丈夫です。

メールやLINEが便利とは言え、メールやLINEを使ってらっしゃらない目上の方の事も考えると、やはり年賀状で挨拶をするのが社会人のマナーとも言えそうですね。

 

引っ越しで忙しい時にはネットプリントが便利!

私も経験がありますが、年末近くの引っ越しって本当にバタバタしますよね。荷物もまだ段ボールから出してないのに年賀状なんてできない!って思ったのを覚えています。

今では忙しくなくても、ネットプリントで全部終わらせています。私が使っているのは「笑み年賀」というサイトです。


笑み年賀 公式ページ

パソコンからはもちろんですが、スマホからもデザインしたりすることもできます。家でプリントするのも正直面倒くさいし、インク代が高いよ!って方には絶対オススメします!

デザインも豊富で、自分で印刷するよりも綺麗にプリントできますので、是非ネットプリントを使ってオリジナルの年賀状を作ってみて下さい!

 
スポンサーリンク

まとめ

年賀状で引っ越しの挨拶はマナー違反?注意点と書き方【例文有】
引っ越しの挨拶を年賀状で送る時には、出来れば、新居で撮った写真などを載せると、より相手の方にもわかりやすくなります。

もし一軒家であれば、家の前で撮った写真で構いませんし、マンションやアパートなどの場合は、ベランダやリビングから見える景色を撮って送るのも良いかもしれませんね。

建物だけの写真よりも、家族がいれば家族の写真なども添えると、より温かみも増す年賀状になりそうです。

 

新年の挨拶ですから、おめでたい事などがあれば、一緒に伝えればもらった相手も笑顔になりますね。

年賀状を使った引っ越しの挨拶は、特にマナー違反ではありませんので、注意点だけをしっかりと書き添えれば大丈夫なのです。

もらった相手も送った相手も笑顔になれるような年賀状を送って、新年の始めを笑顔で迎えましょう。