子育て

朝なかなか起きない子供をスッキリ目覚めさせるオススメの方法!

今日もなかなか起きない!

どうしたら、子供がスッキリ起きてくれるの?

 

そんな悩みをお持ちのママも多いかと思います。

小さい子供は、早起きの子供が多いですが、やはり個人差もあり、全員がスッキリと起きてくれるとは限りません。

単に睡眠不足の可能性もありますが「早起きは三文の得」と言うように、早く起きることには沢山のメリットがあります。

子供が学校に行くようになったら、時間通りに起こす必要がありますし、なかなか目覚めてくれないと親にもストレスが溜まってしまいますよね?

同時に子供も無理やり起こされるわけですから、こちらもストレスが溜まってしまう可能性があります。

 

では、朝なかなか起きない子供をスッキリ目覚めさせる方法はあるのでしょうか?

あるとしたら、どんな方法があるのか知りたいとは思いませんか?

 

この記事を最後まで読めば、目覚めさせる方法がわかり、明日にでも子供がスッキリ目覚めるようになるでしょう!

 

子供の睡眠時間の理想は何時間くらい?

子供が睡眠不足になると多くの弊害が起きますが、では子供の理想の睡眠時間ってどれくらいかご存知ですか?

以下に、年齢別にまとめてみました。

 

生後0ヶ月~3カ月

14~17時間が理想とされています。

赤ちゃんの頃は浅い眠りが多くなるため、すぐに起きてしまう事もありますが、個人差もありますので、あくまでも目安の時間と思って下さい。




生後4ヶ月~11ヶ月

12~15時間が理想とされています。

睡眠のリズムが整ってくる時期ですので、夜にちゃんと眠れるようになります。

夜泣きが心配なら、昼のうちに抱っこしてあげるなどスキンシップを多めに取ってあげて下さい。




1歳~2歳

11~14時間が理想とされています。

赤ちゃんの頃に比べると、昼寝が少なくなる時期でもあります。

しっかりと昼寝の時間帯を持って、子供の眠るタイミングをサポートしてあげて下さい。




3歳~5歳

10~13時間が理想とされています。

昼寝の時間が無くなる子供もいますし、少なくなる子供もいますので、その分夜にしっかりと寝られるようにサポートが必要です。

無理に昼寝をさせるなどすると、夜寝られなく悪循環に陥るので注意しましょう。




6歳~13歳

9~11時間が理想とされています。

小学校入学の時期になると、塾などがあるので、生活が夜型にと移行します。

寝不足は体にも良くありませんし、疲れると眠りも浅くなりがちです。

どうしても眠たい時以外は、昼寝をしないように注意してあげて下さい。

 

子供が大きくなるに従い、睡眠時間は短くなりますが、自然なサイクルですので、余りぎゅうぎゅうに考えずに、これくらい眠れば大丈夫とママがカリカリしないようにするのも大切です。

 
スポンサーリンク

子供の睡眠不足で起こる弊害

子供が睡眠不足になると、以下のような弊害が起きます。

子供の体調や健康管理には睡眠が必須ですので、ママやパパが注意してみてあげて下さい。

 

肥満体質になりやすい

脂肪を分解する働きのある成長ホルモンが十分に分泌されないことで、脂肪が体に溜まりやすくなります。

子供のうちから肥満体である場合の多くは、睡眠不足によるものとも言われます。

 

学業成績が落ちる

脳は日中に記憶をするので、睡眠不足だと記憶力が悪くなり、結果学業成績が落ちてしまうことがあります。

日中に眠気が強くなることで、授業で先生の話を聞けなくなれば、学業成績も落ちてしまいますよね?

塾に行ってるから大丈夫と言う事ではなく、学校で眠くならないように塾の時間帯なども考えてあげて下さい。

 

イライラしやすくなる

睡眠が十分でないと、自律神経が乱れてしまい、脳がリラックスできない状態が長続きしてしまいます。

脳にストレスが溜まることになるので、普段からイライラしやすくなる子供に育ってしまいます。

子供がイライラしているようなら、まずは睡眠不足ではないか?とチェックしてみて下さい。

 

免疫能力が低くなる

腸に悪玉菌が増えることで、リンパ球の機能も低下します。

加えて、睡眠不足でストレスを感じてしまうと、免疫能力が下がってしまうのですね。

免疫能力が下がると風邪などの病気にかかりやすくなりますので注意しましょう。

 

睡眠不足による弊害をまとめてみましたが、他にも弊害は多数あります。

子供の小さな変化に気づいてあげると、睡眠不足などの原因も見つかりやすくなりますね。

 

子供をスッキリ目覚めさせるオススメの方法5選!

子供をスッキリと目覚めさせたいなら、以下の方法を試してみて下さい。

 

睡眠時間を確保する

子供は大人に比べると睡眠時間が多くなります。

ですから、大人の都合で睡眠時間を削るようなことは止めて下さい。

夜更かしすると睡眠時間が足りないので、どうしてもスッキリと目覚めるのが難しくなります。

基本的には早寝早起きが子供に一番良いことで、スッキリと目覚めさせる方法でもあります。

 

起きられたら褒めてあげる

目覚まし時計を使うなどして、子供が自立で起きられるようにする事も大切です。

もし時間通りに起きる事が出来たら、少しオーバーかな?と思うくらい心の底から褒めてあげましょう。

朝起きると良い事が待っていると思うと、子供だけでなく大人も起きるのが楽しくなりますね。

 

太陽光で目覚めるようにする

子供の部屋に太陽光が入るように、遮光カーテンなどは使わない方が良いでしょう。

出来れば子供部屋は東の方向がベストで、枕の向きも東向きにしてあげましょう。

太陽光で体のリセットをするため、朝スッキリと起きるためには、太陽光の力を借りるのがおすすめです。

 

朝ご飯が楽しみになるようにする

朝早く起きられないと、朝食もしっかりと摂れない悪循環へと陥ります。

食べ物で釣ると言うと聞こえは悪いですが「今日は〇〇ちゃんの好きな唐揚げがあるよ?」と、朝食が楽しみになるようにメニューを考えてあげて下さい。

 

好きな音楽を目覚まし代わりにする

大人もそうですが、子供でも目覚まし時計の音はうるさく感じますよね?

中には音をストップして二度寝なんて事もあり得ます。

大人になってからは無理やり起きる必要があっても、子供が小さい場合には好きなアニメの曲を流すなど、心地よく起きられるような選曲が良いですね。

 

スッキリと目覚める方法はいくつもありますが、大人にも使えそうな方法も多いですね。

「よーし!明日はどちらが早く起きられるか競争だ!」などのように、子供が楽しく起きられる工夫をしてあげるのが近道かもしれませんね。

 

スッキリ目覚めるためのおすすめグッズ5選!


スッキリと目覚めたいなら、子供にも大人にも有効なグッズが多数あります。

以下にその中でも5つを厳選して、ご紹介します。




①セイコー知育目覚まし時計

シンプルなデザインですが、目覚まし時計として人気があります。

起きるだけでなく、子供が時計を読めるようになる知育グッズとしてもおすすめです。

子供が何時に起きられたかを自分で確認出来るようになるのが良いですね。
 




②光目覚ましinti SQUARE

デザイン自体はシックで、子供らしくないと言えば子供らしくはないのですが、光で起きられるというアイディアが面白いですね。

ただ、少し価格がお高めなので、そこがちょっと残念な所です。

とはいえ、大人になってからも使えますので、長く使うのであれば、価格はむしろ安い方かもしれません。
 




③セイコークロック 目覚まし時計

こちらも子供らしくはないデザインですが、他の目覚まし時計に比べると、大音量と言うのが特徴です。

どれだけ可愛い目覚まし時計でも起きられないのでは意味がないので、ちょっと近所迷惑な点があるものの、目覚めに特化した時計と言えそうです。
 




④ナンダクロッキー

こちらの目覚まし時計は、少しユニークな機能が付いており、目覚まし時計が逃げます。

子供用のデザインではないですが、追いかけるのが面白くて自然と起きてしまうという感じです。
 




⑤フォトフレームアラームクロック

こちらも子供向けのデザインではないですが、好きな写真をはめ込む事が出来、声を録音しておけるのがポイントです。

好きなアニメの声などを録音しておけば、子供も気になって起きてくれるでしょう。

子供用のデザインの時計は数多くありますが、起こすと言う事に重点を置くなら、上記のような目覚まし時計も活躍してくれるかもしれませんね。
 

 
スポンサーリンク

まとめ


睡眠時間と一口に言っても、子供の体質にもよることなので、目安としての時間しか示すことは出来ません。

ですが、睡眠時間を沢山取ることでメラトニンと呼ばれるホルモンが多く出ることがわかっています。

暗い場所で生成されるこちらのホルモンは、抗菌化作用などがあり、ぜひ多く分泌させたいホルモンの一つです。

 

また、メラトニンは1~5歳までに一番多く分泌されるようなので、幼稚園を卒業するまでは少なくてもたっぷりの睡眠を取る必要があります。

ただ、睡眠時間だけに注意してしまうと遅く寝ても同じと思ってしまうのは間違いです。

人間の体には体内時計と言うのがあり、これは日没や日の出とリンクしているとも言われます。

早寝早起きは、体内時計をしっかりとリセットするには最適の方法でもあるのですね。

 

生活リズムの見直しから始め、出来れば子供と一緒に親も眠れるようにすれば、子供も安心して眠る事が出来るかもしれませんね。