子育て

子供の猫背はバランスボールで改善できる!猫背になる原因と影響!

こら!背筋伸ばしなさい!猫背だと格好悪いでしょ!

 

そう子供を叱ったとしても、なぜ猫背が悪いのかを知らないと、親からも説明できず、子供の心には怒られたことの不満だけが残ることもあります。

また子供が猫背になる原因の一つとして、自分は座高が高く、背筋を伸ばすとそれが目立ってしまうから…など子供にも色々思うことがあるものです。

 

では、なぜ猫背は治した方が良いのでしょうか?

 

猫背が問題になる理由がわかれば、子供だけでなく自分も治さなくちゃ!と思えますよね?

実は、最近猫背を治す方法として、バランスボールが注目されています。

楽しみながら猫背を治せるとしたら、やってみたいですよね?

 

最近は子供でもスマホやPCを触るようになり、同じ姿勢でいることも多くなりました。

子供の猫背を理由もなく叱ったりしていませんか?

 

この記事を最後まで読めば、猫背の原因や治さなければいけない理由、バランスボールの使い方などもわかるようになります!

 

子供が猫背になる原因は?

猫背の子供と猫背ではない子供を比べると、背骨の違いに気づくでしょう。

正常な場合は背骨はS字を描きますが、猫背の子供はそれが歪んでしまっているのです。

 

では、猫背になる原因とは一体何でしょうか?

以下にいくつかご紹介します。

 

親がしっかりと注意していないから

子供に限ったことではないですが、人間は楽な方にと向かいます。

大人なら猫背になった時にそれが悪いことだと気づきますが、親に注意されたことがない子供は、それが悪い姿勢だと気づきません。

また、子供が猫背になっているのに親が気づかないこともあり、猫背が通常となると困ったことになります。

 

まずは、親の意識改革が必要になるのかもしれませんね。

 

猫背が癖になっている?

勉強やゲームなど、何かに目を近づけている場合、大人でも猫背になりやすいものです。

特に長時間前かがみになっていると、背骨が歪んでしまい猫背の原因となることがあります。

また椅子に浅く座ったり、背中を背もたれに付けたりなどしていると、長時間楽に座ることができる反面、猫背の原因になってしまうので気を付けましょう。

 

筋力が低下している?

人間は意識していないだけで、正しい姿勢をとっている時には、腹筋や背筋を使っています。

ところが、猫背など悪い姿勢を取っていると、筋肉が普段使われないことで衰えてしまいます。

筋肉が衰えると、ますます猫背に拍車がかかるので、悪循環になることもあります。

 

寝具が柔らかすぎる?

固いベッドより柔らかいベッドの方が寝心地は良いですよね?

ただ、低反発などもそうですが、あまりに柔らかいベッドは背骨が歪む原因になります。

起きている時よりも、眠っている時の方が体を動かす頻度は少ないので、寝ているだけでも猫背が悪化する原因になることがあるのですね。

 

身長が高いことによる劣等感がある?

男子は劣等感を感じることは少ないかもしれないですが、女子の場合背が高いことに劣等感を持っている子供もいます。

大人になれば逆にそれが魅力の一つに感じるかもしれませんが、子供の頃は背が高いことを気にする余り、身長を低く見せようとします。

猫背の女子が多いのには、理由があるのですね。

 

原因は他にもあるかもしれないですが、猫背は体に良くないことは事実ですので、親がまずしっかりと気を付けてあげて下さい。

 
スポンサーリンク

猫背が子供の身体に与える影響

猫背が体に悪いと言っても、具体的にはどんな悪影響を与えるのでしょう?

以下に子供が猫背になった時の悪影響などをご紹介します。

 

学力や集中力が下がる

猫背になっていると、自然と肺が圧迫されます。

肺が圧迫されることで呼吸が苦しくなりますので、脳が一時的な酸欠状態になってしまいます。

脳に十分な酸素が行き届かないことで、集中力や学力なども低下してしまうのですね。

 

肥満の原因にもなる?

猫背の人に太っている人が多いのは、上記と同じように酸欠状態になるのが原因と言われます。

酸欠状態になることで、基礎代謝が下がり、エネルギーが十分に消費されなくなります。

また猫背になることで、背中に脂肪がつきやすくなるので、肥満の原因にもなってしまうのですね。

 

基礎代謝が下がる?

猫背になると、筋力が低下し、内臓なども下へ下にと下がっていきます。

胃下垂なんて言葉を聞いたことがありませんか?

内臓が下に下がることで、肥満の原因にもなる基礎代謝の低下に繋がります。

基礎代謝が下がると、子供であっても、脂肪が燃焼しづらく肥満にと繋がります。

 

首や肩こり、頭痛を引き起こす

猫背になると大人でなくても、肩こりや首コリが起こります。

猫背によって背中が丸くなることで、首と顔が前に出る姿勢になりますよね?

この姿勢は、首や肩に大きな負担をかける姿勢でもあります。

 

また肩甲骨が開いてしまうことで、より肩こりなどが起こりやすくなります。

首や肩が凝ってしまうと神経を痛める可能性もありますし、頭痛の原因にもなります。

 

猫背の悪影響を受けないためにも、子供が普段猫背になっていないかをチェックする必要があります。

子供の姿勢の悪さは、そのまま親の育て方に直結することを忘れないで下さいね。

 

子供の猫背はバランスボールで改善!


猫背になるという事は、体幹など筋肉が低下している証拠でもあります。

もし運動をするのが嫌という子供でも、バランスボールに座るだけなら、やってくれそうですよね?

バランスを取ってボールに座ると、体幹が強化されます。

 

体幹は最近注目されることが多くなりましたが、多くのアスリートが鍛えている部位でもあります。

それこそ、ゲームばかりしている子供であっても、ゲーム中にバランスボールに座りながらやらせるようにすれば、猫背も防ぐことができるのですね。

 

では、バランスボールの効果、やり方、注意点などを以下にご紹介します。

 

バランスボールの効果

体幹は別名インナーマッスルと呼ばれることもありますが、体の軸になる筋肉のことで、バランスボールでは主にこの体幹を鍛えることができます。

子供用のトレーニングにも体に無理のかからないバランスボールトレーニングは効果的と言われています。

バランスボールを椅子代わりにして使ってる学校も欧州にはあると言います。

手っ取り早く体幹を鍛えたいなら、バランスボールが最適なのです。

 

バランスボールの使い方

子供でも出来るバランスボールトレーニングのやり方は意外と簡単です。

やり方にはいくつかありますが、一番簡単な使い方をご紹介します。

 

ステップ1:膝を付けたまま、両肘をボールに乗せてキープ

ステップ2:膝を離し、つま先立ちでキープ

ステップ3:片足を浮かせ、膝をボールに付けてキープ

ステップ4:両足でそれぞれ10秒ほどキープ

 

慣れてくれば、10秒より長くキープできるように、負荷を強くしてみて下さい。

もっと色々やってみたいという場合はこの動画を参考にしてみて下さい!



 

バランスボールトレーニングの注意点

バランスボールをトレーニングに使うなら、まず大きさと耐荷重をチェックしておきましょう。

耐荷重が低すぎるものは、破裂の恐れがあり危険です。

とは言っても、大抵のバランスボールは100㎏くらいまで対応していますので、よっぽど体重のある子ども以外は大丈夫です。

高価なバランスボールもありますが、問題は値段よりも大きさと耐荷重です。

子供の身長などに合わせて、バランスボールを選んであげて下さい。

 

おすすめのバランスボール3選!

バランスボールを子供用に買うのであれば、以下のバランスボールがおすすめです。

2選してご紹介します!

 

VANAPH フィットネスボール 65cm

 

値段がお手頃価格という事もありますが、耐荷重も100㎏までなので安心ですね。

見た目がかわいいこともあり、インテリアとして使われる方もいます。

空気入れも付いてくるので、万が一空気が漏れた時にも安心ですね。

アンチバースト仕様なので、破裂の心配も少なくおすすめのバランスボールです。

 

HUITIEME ジムボール 65cm

 

HUITIEMEというのは、フランスのパリにある8区という意味です。

パリ8区はスポーツジムが多いことでも知られていますが、女性に人気の高いブランドでもあります。

大きさも45~65cmと幅広く、大人も子供も使いやすいサイズが見つかります。

耐荷重が200㎏もあるので、小さい子供なら親と一緒に乗ってトレーニングしても大丈夫ですね。

こちらもアンチバースト仕様なので、破裂の心配が少なくおすすめです。

 

バランスボールはまだ沢山ありますが、その中でも人気の高い商品をご紹介してみました。

値段が安く手に入りやすいバランスボールなら、ジムよりも気軽に始められますので、ぜひ子供と一緒にトレーニングしてみて下さい。

 

JELLYFISH CHAIR JUNIOR

 

このバランスボールは座るだけで自然に良い姿勢になる優れものです。ボール型だと少し危なかったりしますが、これなら安心ですね。

カバーのカラーも色々あって、何より可愛くてインテリアとしても良さそうです。

こちらもアンチバースト使用ですので、その点も安心できそうです。

 

アンチバースト使用とはバランスボールに穴が空いてしまっても割れたりせず、少しずつ空気が抜けていく仕様の事を言います。

 
スポンサーリンク

まとめ


子供が猫背になる原因には、親の影響も強いです。

子育ては、子供を褒めることが第一ですが、悪い時に悪いとしっかり叱ってあげることも必要です。

しつけの仕方には親の方針などもありますが、叱るのと怒るのは違います。

もし叱るのでしたら、どうしてその姿勢が良くないのかを親が理解する必要があります。

 

猫背になると、大人でも悪影響が出ますが、成長の過程にある子供にはより大きな悪影響が出ることを知ってあげて下さい。

バランスボールで親子のコミュニケーションも広がり、また楽しく運動できるなら、やってみたいですよね?

高価な道具を揃えるよりも、親が一緒に寄り添って運動が出来る方が子供のためにもなります。

体幹を鍛えることで悪影響が出ることはありません。

 

バランスボールで親子仲良く運動して、美しい姿勢を目指しましょう!

RELATED POST