季節の出来事

お彼岸ってなに?おはぎを食べる理由と由来って?

海辺に置かれた老夫婦

年中行事には、よくおいしい食べ物が出てきますよね。

お正月にはおせち、ひなまつりにはひなあられ、十五夜には月見だんご、おおみそかには年越しそば。

お彼岸にはおはぎ

がつきものです。

 

実家に里帰りした時や、普通に毎年家で出てくるお宅もあると思います。しかし、

なぜおはぎを食べるのか?

 

そもそも、お彼岸とはどういう意味なのか知らない方もいるのではないでしょうか。

その理由を知れば、お彼岸という行事をより深く味わうことができるかもしれませんね。

 

 

お彼岸とおはぎの関係

まずお彼岸とは、

ご先祖様を供養する仏教の年中行事です。

春のお彼岸と秋のお彼岸があり、それぞれ

春分の日と秋分の日を中日として、前後3日間を含めた7日間に行われます。

 

 

check!!

ちなみに、

「彼岸」という言葉は、仏教では死後の世界、そして悟りの境地という意味なんです。

それに対して、

「此岸」という言葉がありますが、こちらは私たちが生きている現世、人間が煩悩に苦悩する世界になります。

 

 

おはぎはご先祖様への感謝をこめたお供え物として古くから親しまれてきました。

 

 

なぜおはぎなのか?その理由は材料にあり!?

おはぎを作るときは、おもちと小豆を使います。

日本では昔から赤という色には魔よけの力があると信じられてきました。

だから、祝い事や儀式にはお赤飯のような、赤い小豆を使った料理やお菓子が出てくるようになったのです。

 

また、おもちは五穀豊穣や子孫繁栄を象徴する食べ物です。

このことから、

縁起物のお餅や魔よけの力がある小豆を使ったおはぎが、ご先祖様への感謝を示すお供え物にふさわしい

とされてきたそうです。

そして、おはぎはお彼岸の中日に、ご先祖様にお供えされます。

おはぎの食べるタイミングとしては、そのあとがベストとなっているそうです。

しかし、1番大切なのはご先祖様に対する感謝の気持ち

それをしっかりと持っていれば、特別にタイミングにこだわる必要はないそうです。

 

 
スポンサーリンク

日本特有の文化、「お彼岸」

仏教は、アジアを中心として多くの国々で信仰を集めている宗教です。

しかし、お彼岸という行事がここまで浸透しているのは、日本だけなのです。

それには、日本特有の理由があります。

 

お彼岸はなぜこの時期に設定されたのか?

彼岸は死後の世界であり、何もかもが安定していてバランスのとれている場所。

そして、秋分の日と春分の日は昼の長さと夜の長さが同じになる日です。

つまり、

昼と夜のバランスが1年の中で最もとれているこの時期が、1番彼岸へとつながりやすく、ご先祖様に供養の気持ちが伝わりやすくなる

と考えられたからだそうです。

 

他にも、秋分・春分では太陽がほぼ真東から昇り、真西に沈みます。

日本には太陽を神様と崇める太陽信仰があり、仏教では彼岸は西の方角にあると信じられてきました。

太陽が真西に沈むこの時期が彼岸と此岸がつながりやすくなり、ご先祖様に気持ちが伝わりやすくなる

だと信じられてきたそうです。

 

どちらにしても、ご先祖様に気持ちが伝わりやすい時期だからということですね。

 

 

お彼岸が日本に定着した2つの理由って??

お彼岸が日本に定着した2つの理由は、

 
  • お彼岸の時期がたまたま日本では過ごしやすい気候で、行事が行いやすかったから。
  • 日本人が農耕民族だったから。
 

日本人は仏教が伝わる前から、太陽信仰と同じように、身の回りの自然に神様が宿っていると信じていました。春には種まき、秋には収穫と彼岸の時期は農民にとって一大イベントが行われます。

ご先祖様に家族安泰を願うのと同じに、その年の豊作もお祈りするようになったのです。

古くからの自然信仰と、仏教の宗教観がうまく合わさったことで、現代まで伝わるほど日本に根付いたというわけです。

 

 

四季とおはぎの名前

皆さん、おはぎの名前が四季によって変わることはご存知でしょうか?

四季それぞれの名前と由来をまとめてみましたのでご覧ください。

 

check!!

春は牡丹餅(ぼたもち)

春の花の牡丹に見立てられたことが由来。

夏は夜船(やせん)

おはぎを作る時にはおもちをついたりしないので、「つき知らず」と呼ばれ、それが「着き知らず」と転じた。それを夜に到着する船は暗くていつ着いたかわからない様子と掛けて、「夜船」と呼ばれるようになった。

秋はおはぎ

あんこを秋の花の、萩に見立てたことが由来。

冬は北窓(きたまど)

夏と同様に「つき知らず」が「月知らず」と転じ、北の窓からは月が見えないことと掛けて、「北窓」と呼ばれるようになった。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

grandma-1185687_1920

ご先祖様をしのび、家庭円満をお祈りするお彼岸。

行事にもお供え物にも日本特有の文化があり、現代まで残されてきたのにも理由があります。

今までおいしいおはぎが食べられる日だ!と思っていた方たちも、おはぎ自体にどういう意味が込められているのかを知れば、また違ったお彼岸の過ごし方ができるようになるかもしれません。

あちらこちらにおもしろい文化はあるものです!

おじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみるもよし。

ご自分で調べてみるもよし!

 

興味を持たれた方は、ぜひこれを機会に日本のすばらしい文化に触れてみてください!

もちろん、ご先祖様への感謝の気持ちは忘れずに!