生活・雑学

スニーカーを洗うには?正しい洗い方で嫌な臭いとサヨナラ!

スニーカーの洗い方

カジュアルなファッションでも、デートや通勤時にも使えちゃうスニーカー。

履いていて楽だし歩きやすいし、万能ですよね。

でも、毎日のように履いていると…

 

汚れとか臭いとか気になりませんか?

 

洋服の汗臭さなどは毎日の洗濯で防げますが、スニーカーとなると毎日は洗えないし、でも匂いが気になるし。

よくCMでシュッシュッってスプレーしてるけど、それでは根本的に残ってしまうのでは?

よし、自分で洗ってみましょう!

って…どうやって洗えばいいのでしょうか?

手洗いで丁寧に or コインランドリーで

一番多いと思われるキャンバス生地のスニーカーの洗い方をまずご紹介しますね。

① 紐付きの場合は紐を外し、洗剤で手洗いをしておく

紐を外すことで、紐の穴の周りや紐自体も綺麗に洗うことができます。

乾燥させる時も、早く乾かすことができて一石二鳥です。

 

② 外せる場合はインソールも外す

インソールとは、中敷きのことです。

私たちの足の裏の汗をいっぱい吸っているので、できれば外して洗いたいところ。

薄いインソールなどを買って使用し、靴を履くたびに取り外して綺麗にするだけでも匂いはかなり防げます。

 

③ 容器にぬるま湯を入れる

お水よりもお湯の方が、汚れが浮きやすいです。

靴がひたひたになるぐらいの量が入る、洗面器やバケツを用意してくださいね。

 

④ 靴やインソールをゴシゴシ洗う

汚れがひどい時には、数時間ほどつけ置き洗いをするのも効果的。

靴の外側も内側も、とにかく綺麗にしちゃいましょう。

シューズ用洗濯ブラシがあると楽です。

細かい所は、使用済みのハブラシでこすってみましょう。

衣料用洗剤でもOKですが、靴洗い専用洗剤(固形・液体)もあります。

色が薄いものは、蛍光剤や漂白剤が無配合のものを選んで使ってくださいね。

 

⑤ 水洗いをして洗剤をよく落とす

洗剤が残っていると、逆に黄ばみの原因になってしまう時も…?

良くすすぎ、揉み洗いもして汚れを追い出してしまいましょう。

 

⑥ 陰干しする

陰干しする前に、洗濯ネットに入れて2~3分脱水すると早く乾きます。

また、丸めた新聞紙を入れておいたり、ドライヤーをかけるのも効果的です。

日陰にただ置くだけでも良いですが、S型フックでぶら下げておくと、風通しが良くなります。

 

⑦ ミッドソールは消しゴムやメラミンスポンジで

ミッドソールというのは、キャンパス地のスニーカーなどの、底の部分や爪先の丸い合成樹脂でできている部分のことです。

普通に消しゴムをかけたり、「激落ちくん・キューブ型」などでこすると綺麗になりますよ。

 

⑧ 近所のコインランドリーで

また、コインランドリーによっては「シューズ用洗濯機」があるそうなので、そちらを試してみても良いかもしれません。

 

 
スポンサーリンク

素材の違うスニーカーの場合はどうするの?

スエード以外のレザースニーカーの場合

レザースニーカーは、革靴同様にお手入れをしてくださいね。
  1. 革靴用のブラシを使って、スニーカーについている泥や汚れを落としましょう。
    傷つきやすい素材ですので、優しくブラッシングするくらいにするのがポイントです。
  2. ミッドソールなどは歯ブラシで汚れを落としましょう。
  3. 乾いた柔らかい布で汚れをさらに落とし、皮専用クリームを塗ります。
    柔らかい布は綿素材の、着古したTシャツなどでOKです。
 

 

スエード生地のレザースニーカーの場合

 
  1. 靴用ブラシで表面をブラッシングしましょう。
    同じ方向からだけでなく、色んな方向からブラッシングすると汚れが落ちやすくなります。
  2. スエード用の消しゴムというのがありますので、そちらを使って汚れを落としましょう。
    やっぱり繊細な生地なので、禿げてしまわないように強くはこすらないこと。
  3. ミッドソール部分は、スエード用消しゴムや普通の消しゴムで汚れを落としましょう。
    それでも落とせない汚れは、スエードクリーナーを使いましょう。
    水気に弱いスエード生地にスエードクリーナーのスプレーをすることになるので、頻繁には使わないようにしましょう。
 

 

臭いをとるには洗濯のあとに〇〇!?

消臭スプレー

市販されている靴用の消臭スプレーは、
  • 靴に吹きかけて消臭するタイプ
  • 自分の素足に直接吹きかけて臭いを少なくするタイプ
とあります。

良い香りのものや無香料もありますので、好きなタイプを探してみては如何でしょうか。

即効性の携帯タイプは便利ですが、短時間の効果しかないので、できるだけ毎日のお手入れで臭いを防ぎましょう。

 

重曹

パスタを中華めんにしたり、お鍋の焦げつきを一晩でピカピカにしたりする魔法の粉・重曹。

要らない靴下などに重曹を入れて結び、靴の中に置いておきましょう。

それだけで消臭効果が発揮されます。

 

ミョウバン

あまり聞きなれない物ですが、ドラッグストアなどでおよそ50g100円ぐらいのお値段で買えます。

ミョウバンには雑菌の繁殖を抑える働きがあるのです。

ミョウバン10gに水300mlでミョウバン水を作り、さらに薄めたものを足の指の間に塗ったりスニーカーに吹きかけたりしましょう。

 

10円玉

えっ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は靴の臭い対策によく使われています。

10円玉は銅でできているため、銅イオンが細菌を死滅させてくれるのです。

片足3枚ほどを目安に、靴の中に入れておいてください。

ピッカピカの10円玉ほど効果があるそうですよ。

 

冷蔵庫や冷凍庫

綺麗に洗って乾かした靴を、ジップロックなどの袋に入れてきっちり口を閉じ、冷蔵庫や冷凍庫で一晩冷やしましょう。

低温効果で、雑菌を死滅させてくれます。

 

チューブわさび

わさびは消臭除菌効果のある食材です。

靴の下にキッチンペーパーを引き、小さく切ったラップにわさびを3~5cm出して靴の中に置き、その靴をラップで覆いましょう。

 

 
スポンサーリンク

普段からの気遣い・何足かを使いまわして乾燥させましょう!

スニーカーの洗い方
前の日に履いたスニーカーは、翌朝になってもまだ汗が残っている場合もあります。

乾燥してないままのスニーカーをまた使用することで、雑菌を繁殖させてしまいます。

できれば前日のスニーカーは休ませて、違うスニーカーや靴を履きましょう。

 

毎日履きたいと思ってらっしゃる方は、帰ってきてから消臭スプレーをかけたり、風通しの良い所においたり、乾燥剤を靴の中に入れるなどをなさると良いと思います。

 

また、靴の手入れだけではなく、足の指を念入りに洗ったり、こまめな爪切りという方法でも靴の臭いを防ぐ効果があるようです。

 

台所に、細かい部分用や手の爪の間洗い用に歯ブラシをおいてらっしゃいませんか?

それと同様に、シャワーやお風呂に入って足の指を洗う時に、歯ブラシで足の爪の間も洗うと効果的なんだそうです。

靴も足の指も上手にお手入れして、臭わないようにお付き合いしていきたいですね。