子育て

子供の指しゃぶりは歯並びに影響する!?やめさせるグッズ5選!

子供の指しゃぶりは歯並びに影響する!?やめさせるグッズ5選!

指しゃぶりは出っ歯になるって本当?

やっぱりやめさせるべき?

 

お悩みのお母さんも多いかと思います。

赤ちゃんが指をしゃぶる姿自体は可愛くて癒されることも多いですが、いつまでも治らないと歯並びや出っ歯に影響するという話もあります。

 

では、指しゃぶりを始める時期と終わらせる時期は、いつ頃が正しいのでしょうか?

指しゃぶりの時期は、赤ちゃんによっても差がありますが、歯に影響が出るとなると、ただ見ているわけにもいきませんよね?

そろそろやめさせた方が良いかな?という時期がわかれば、グッズを使ってやめさせる事も可能になります。

 

この記事を最後まで読めば、指しゃぶりのメカニズムや指しゃぶりの歯に与える影響などがわかります!

 

指しゃぶりはいつから始まるの?

指しゃぶり自体は、胎児の頃から始まると言います。お腹にいる時から、すでに赤ちゃんはおっぱいを吸う練習をしているのですね。

吸うという本能が赤ちゃんには備わっているので、おっぱいだけでなく、指を口に持っていっても吸いつくのはそのためです。

 

赤ちゃんが口の周りに吸いつく行為は、医学用語で「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」と言うそうです。

赤ちゃんは生きるために備わった本能から指しゃぶりをするという事ですね。

 

指しゃぶりは、赤ちゃんにとって大切や遊びの一つで、始まる時期も子供によって様々です。

指一本から始まる子供もいれば、5本全部の指を口に入れる子供もいます。赤ちゃんにとって大切な遊びと割り切って、普通の事だと言うことをわかってあげる気持ちが大切です。

 

大きくなってから指しゃぶりは困りますが、赤ちゃんのうちはいつから始まるの?もしくは、いつまで続くの?と不安がらずに、温かく見守ってあげることが必要です。

基本的には、指しゃぶり自体は、時期がくれば自然と収まることがほとんどです。

 
Sponsored Links

指しゃぶりが与える影響は?

指しゃぶり自体は、成長の過程で必要な行動ではありますが、いつまでも指しゃぶりが治らないと、歯やあごに影響が出る事もあります。

それこそ、出っ歯になる原因になったり、歯並びに影響を与えたりすることもあります。

 

歯は子供のうちは、まだ永久歯になっていない歯が多く、特に3歳くらいの子供ならば、指しゃぶりの影響が歯に関係してくることは余りありません。

それ以降に指しゃぶりが治らないと、口の吸う力も強くなり、歯並びに影響が出るようになります。

 

指しゃぶり自体が成長しても癖になってしまう子供もいるので、歯に対する影響はもちろんのこと、ある程度の年齢になったらやめさせる必要も出て来ます。

 

指しゃぶりを続けることで、与える影響は以下の通りです。

 

開咬(かいこう)になる?

前歯の上下が上手く噛み合わずに、開いてしまう状態です。噛み合わせにも影響してくるので注意しましょう。




上顎前突(じょうがくぜんとつ)になる?

簡単に言ってしまうと「出っ歯」の事です。上手く口を閉じることが出来なくなり、また口呼吸がメインになるので、鼻呼吸が出来なくなってしまいます。




交叉咬合(こうさこうごう)になる?

奥歯の上下の歯が、左右にずれてしまっている状態です。強く奥歯を噛みしめたり、歯を食いしばるなどが出来なくなります。

 

指しゃぶりが原因で、上記のような状態になってしまうと、子供がかわいそうですよね?

もし長引いているな?と思った時には、以下にご紹介する方法やグッズを試してみて下さい。

 

指しゃぶりをやめさせるには?

指しゃぶりを無理にやめさせるのではなく、他の事に興味をもたせて、指をしゃぶることに夢中にならないようにすることが重要です。

いきなりやめさせるのではなく、徐々にやめさせる方向に誘導するのがいいかも知れませんね。

 

指しゃぶりをやめさせるには、以下のような方法があります。

 

生活リズムを正しくする

早寝早起きは生活リズムの基本になりますが、子供なら余計にしっかりと食べたり、遊んだりすることは大事です。

精神も肉体も充実することで、自然と指しゃぶりは減っていくでしょう。




手や口を動かす機会を増やす

指しゃぶりが癖になってしまっている子供は、暇な時間が出来ると指を口にと持って行ってしまいます。

ですから、指を口に持っていかないように、手を使って出来る遊びなど、指しゃぶり以外の行為を増やす必要があります。

知育玩具など上手く利用して、こちらも自然と治るようにしてあげましょう。




スキンシップを増やしてあげる

寂しさや不安な気持ち、ストレスなどは指しゃぶりの原因となることがあります。

指しゃぶりの原因は、こちらでも解説しています。

子供が指しゃぶりをする理由や心理とは?いつまでにやめるべき?
子供が指しゃぶりをする理由や心理とは?いつまでにやめるべき?うちの子…なんで指しゃぶりが治らないんだろう? もうそろそろ止めさせた方が良いのかな?なんて心配になったことはありませんか? ...

抱っこしてあげる、添い寝をしてあげる、手を握ってあげるなど、子供が不安な気持ちにならないように、スキンシップを増やしてあげることで、精神的にも落ち付き、子供の指しゃぶりも自然と治るようになります。

 

指しゃぶりをやめさせるグッズ5選!

子供の指しゃぶりは歯並びに影響する!?やめさせるグッズ5選!もし上記の方法で指しゃぶりが治らない場合は、グッズを使って治す方法もあります。

身近な材料なら、絆創膏を貼ると言う方法もありますが、便利なグッズがあるのですから、そちらを使って治すのもおすすめです。

以下に防止グッズを5選してご紹介します!

 

1:ドクターサム 親指しゃぶり矯正器

科学的原理に沿って開発された矯正器具の一つで、装着することで指しゃぶり自体を出来なくするグッズです。

自然と指しゃぶりに対する興味を失っていき、指しゃぶりが楽しくないと感じるようになります。
 




2:マヴァラ バイターストップ

苦み成分である「安息香酸デナトニウム」が配合されたトップコートです。

爪に塗ることで、指しゃぶりをした時に苦みを感じるようになります。

成分自体も子供用のおもちゃに使用されている成分なので、健康に悪影響を与えることはありません。
 




3:チュチュベビー BYE BYE スキンクリーム

苦み成分を配合したクリームの一種で、乳離れしたお母さんのバストケアにもなる防止グッズです。

無香料かつ無着色なので、子供が口に入れても健康上の問題はありません。
 




4:救急ばんそうこう

古典的な方法ではありますが、それゆえに効果も高いと言われています。

指しゃぶりによる吸いダコの防止や指の保護にもなります。

お気に入りのキャラクターの絆創膏を使って、「アンパンマンが痛いって言ってるよ?やめてあげなよ?」など言葉に出すことでも効果はあります。
 




5:RonXer 赤ちゃん 歯固め 用指しゃぶり防止手袋

指しゃぶりがそもそも出来ないように、手全体を覆うことで指しゃぶりをやめさせることが出来ます。

音が出るのも良いですが、ストッパーが付いているので子供が自分で外す事もありません。

寝る時などもつけておけば、寝ている間の指しゃぶりも防げますね。
 

 

指しゃぶりの対策グッズは数多いです。一番自分の子供に向いている方法を探し出してあげて下さい。

 
Sponsored Links

まとめ

子供の指しゃぶりは歯並びに影響する!?やめさせるグッズ5選!
指しゃぶりは長期間続くと弊害が出るとはいえ、成長の家庭で必要な過程でもあります。

親の愛情不足が原因なんて言われることもありますが、科学的な根拠はありません。

 

赤ちゃんにとっては落ち付く行動でもあるので、ある程度の時期までは温かく見守ってあげて下さい。

スキンシップが少ないのも原因になる事があるのですから、科学的根拠がなくても、親の愛情不足の可能性もあります。

 

無理にやめさせると逆効果になることもある指しゃぶりです。

対策グッズなどを上手に使って、自然と治るようにすれば、歯並びなどの影響を不安に思う事もなくなりますね。

子供が指しゃぶりをする理由や心理とは?いつまでにやめるべき?
子供が指しゃぶりをする理由や心理とは?いつまでにやめるべき?うちの子…なんで指しゃぶりが治らないんだろう? もうそろそろ止めさせた方が良いのかな?なんて心配になったことはありませんか? ...
RELATED POST