子育て

子供同士の喧嘩に親は介入しない!親がとるべき行動と対応

喧嘩したの?それで…どっちが悪かったの…?

 

子供同士が喧嘩をした場合、親は心配になり、つい介入したくなりますよね?

「喧嘩するほど仲が良い」なんて言葉もありますが、男の子であっても女の子であっても、時には喧嘩をすることもあるでしょう。

特に男の子同士の喧嘩なら、時には殴った殴られたなどで怪我をして帰って来ることもあります。

 

でも、待ってください!

子供同士の喧嘩で親が間に入るのは良くありません!

 

それこそ、喧嘩を告げ口したと友達に言われることもありますし、それが原因でいじめの対象になることだってあり得ます。

特に、小学生にもなると、喧嘩の理由もはっきりしていることが多く、片方の親が間に入ってしまうと問題がこじれてしまいます。

何故なら、どちらの親も「自分の子供は悪くない」と思ってしまうからです。

 

子供同士の喧嘩であっても、お互いがどちらが悪いのか?は子供なりにわかっています。

ですから、親が間に入らなくても、子供同士で解決できる問題なんです。

喧嘩になった時には、原因や仲直りの方法を学ぶ良い機会でもあるんです。

 

では、子供同士が喧嘩をした場合、親はどうするべきなんでしょう?

やはり喧嘩で怪我をした場合などは、放っておけませんよね?

 

今回の記事を最後まで読んで、子供同士が喧嘩した時に正しい対処方や行動ができるようにしておきましょう!

 

子供の喧嘩に親が介入しない方がいい理由

子供同士の喧嘩の場合、親は出来るだけ介入しない方が良い方向に進む場合が多いです。

親が入ってしまうと話がこじれてしまいますし、子供同士で解決できるチャンスを奪ってしまいます。

子供が喧嘩をした場合、親が介入しない方がいい理由など、以下にご紹介します。

 

仲直りが出来なくなるから

子供の喧嘩は、当日怒りまくっていても、根が浅いので、次の日にはケロッとしていることも多いです。

中には、理由が根深い場合もありますが、大抵の場合は親が介入しなくても自然消滅することも多く、一言「ごめんね。」とさえ言えれば、すぐに仲直り出来るものなんです。

親が介入してしまうと、子供同士の仲がこじれることもあります。

前述もしましたが「あいつ、すぐ親に言うから嫌いだ。」なんて、せっかくの仲の良い友達を失ってしまうこともありえます。

 

また親同士の関係も悪くなり「家の子が悪いわけじゃないのに、何なの!」とこちらも関係がこじれてしまいます。

ですから、子供の喧嘩では親が介入せず、当人たちで解決した方が仲直りもスムーズにいくんですね。

 

子供の成長が止まってしまうから

喧嘩自体が良いことではありませんが、子供の心の成長のためには、時には喧嘩が必要なこともあります。

怪我などの体への暴力もそうですが、言葉の暴力などは、親に怒られることで良くないことだと理解する必要もあるんですね。

 

自分が加害者になった場合も被害者になった場合も、どちらの立場でも、自分がなって初めて気持ちを理解することも出来ます。

人の痛みを知るという事は、大人になっても必要な成長の記録なんですね。

 

もしそこに親が介入したら、その成長のチャンスを奪ってしまうことになります。

ですから、当人達で解決するという事は、子供には必要なんです。

 

親同士の関係が悪くなるから

子供の喧嘩に親が介入すると、親同士の喧嘩にと発展する場合もあります。

親が相手の子供が悪いと考えてしまうと「あそこの子供の奥さん、うるさいのよ。」と井戸端会議のネタになることもあり得ます。

 

自分の子供が可愛い余りに、冷静な判断が出来なくなり、子供にも相手が悪いと押し付けてしまいがちです。

親同士が仲が悪くなることで、子供同士の関係もこじれてしまい「あそこの子供と遊んじゃダメ!」などと言われれば、子供も遊ぶのに罪悪感を覚えます。

 

子供の喧嘩が原因で、親同士の仲がこじれれば、ママさん仲間でもいづらくなってしまいます。

親が介入しないのは、子供のためでもありますが、親自身の立場も悪くなることを覚えておいて下さい。

 
Sponsored Links

親がとるべき行動と対応

子供同士の喧嘩に親が介入しないのが良いと書きましたが、それでは親は全く何もしない方が良いのでしょうか?

実は、無関心なのは逆に困ることもあります。

子供だって、親にはわかってもらいたい気持ちもあるのに、知らない振りをされたら悲しくなりますよね?

 

では、子供が喧嘩をした時に親が取るべき行動には何があるのでしょうか?

 

話を聞いてあげる

子供が喧嘩をした時には、いつも違うと感じることもあるでしょう。

そんな時には、そっと話を聞いてあげましょう。

喧嘩をした時には、原因がわからず、子供もモヤモヤした気持ちを抱えていることがあります。

子供も喧嘩したこと自体を悪いことだと感じているかもしれません。

 

子供が喧嘩をして「●●が嫌だった。」や「●●されて悔しかった」など悩みを聞いてあげれば、子供もすっきりします。

親が介入する必要はありませんが、そっと寄り添ってあげることは大切です。

 

事実関係を把握する

子供が喧嘩をした場合、話を聞いてあげることは大切ですが、自分の子供の意見を鵜呑みにしてしまうのは危険です。

喧嘩した原因が自分にないと思い込んでいる子供もいますし、親が相手の子供が悪かったと思い込んでしまっては、余計な介入をしてしまうこともあります。

子供の意見を聞きつつ、事実関係をしっかりと見極めましょう。

 

友達と喧嘩してしまった原因も、子供の意見を聞いてあげていれば、そのうち気づけるはずです。

くれぐれも自分の子供は悪くないという先入観を持たないことが大切です。

 

仲直り出来るように助けてあげる

親の介入はいけませんが、手助けはしてあげた方が良いです。

相手と喧嘩をしてしまった原因はどこにあるのか?喧嘩をした時にどんな気持ちだったのか?など事実関係を把握しながら、しっかりと探ることが大切です。

喧嘩をした友達のことについても「●●君(さん)はどう思ってると思う?」など問いかけをすることで、自分の気持ちにも気づくことが出来ます。

相手の気持ちを考えることが出来れば、仲直りの方法もきっと見つかるでしょう。

手助けをしてあげることで、後は当人同士で解決できるようになります。

 

「介入しない=無関心」ではありません。

子供が喧嘩をした場合は、まず話を聞いてあげることから始めて下さい。

 

相手の親が先に介入してきた時の対応

子供同士の喧嘩では、親が介入するのは原則NGですが、相手の親が先に介入して来た時には、対応に困りますよね?

子供は自分の悪かった所をしゃべりたがりません。

それは相手の子供も同じと考えましょう。

 

自分の子供が悪い(加害者だった)場合

子供同士の喧嘩で、自分の子供の方が悪かった場合は、「うちの子に限ってそんなことはしない!」と自己弁護の言葉はやめましょう。

そして、加害者の場合でも被害者の場合でも、自分の子供の話だけを鵜呑みにするのはNGです。

 

まずは、どんな状況でどんなことから喧嘩が起こったのかをしっかりと聞き出し、自分の子供が加害者だった場合は、しっかりと謝るように促しましょう。

その場合も、親がすみませんというのではなく、子供に謝らせることが大事です。

自分が悪かったのだと子供にもわからせることが大切です。

 

相手の子供が悪い(被害者だった)場合

相手の子供が悪い場合であっても「家の子に謝って!」など強要してしまうと、話がこじれてしまうこともあります。

特に、相手の親が先に出てくる場合は、原則親の介入なしの喧嘩に出てくるわけですから、感情に任せて謝るのを強制すれば、関係がますますこじれるだけです。

 

魔法とも言える言葉ですが「うちの子も悪かったから。」というだけでも、相手の感情はほぐれます。

「喧嘩両成敗」という言葉がありますが、喧嘩はどちらも悪いことがほとんどです。

 

怪我をさせてしまうなどは問題外ですが、被害者であっても、何らかの落ち度があります。

被害者側であっても加害者側であっても、相手の子供や親がどんな思いでいるのかをまず確認して下さい。

相手の気持ちがわかるようなら、子供の気持ちもわかるはずです。

一方的に相手を責めるようなことだけはしないで下さいね。

 

親が介入した方がいい時

子供同士の喧嘩に親は介入しない!親がとるべき行動と対応!子供同士の喧嘩では、親は介入しないのが原則ですが、それは内容にもよります。

例えば、近年増えているいじめや恐喝など、これには親が介入する必要があります。

では、どんな喧嘩の場合、親が介入すべきなのかを以下にご紹介します。

 

暴力に訴えて来た時

もし頻繁に力に訴えて来た時には、親はしっかりと介入しましょう。

子供の中には、暴力で力を見せたがる子供もいます。

子供に悪気がなかったとしても、その行為自体は褒められたものではありませんので、まずは先生に様子を見てくれるようにお願いしましょう。

 

怪我をさせてしまった場合

子供同士の喧嘩とは言っても、怪我をしてしまうような喧嘩の場合は、危険な行為でもありますので、親が介入べきです。

どちらにも冷静になれるように落ち着かせ「どんな理由があっても、怪我をさせることはいけないこと」をしっかりと言い聞かせて下さい。

そのうえで、円満に解決できるように、親が引っ張ってあげて下さい。

 

いじめの場合

友達と二人での喧嘩なら問題ありませんが、相手が複数の場合やいじめにあっている可能性もあります。

いじめと喧嘩の境界線は難しいものがありますが、以下に当てはまる場合は注意してみて下さい。

 
  1. 嫌がることを何度もされる:やめて!と頼んでも繰り返される
  2. 複数人対一人の場合:不公平な喧嘩は喧嘩ではありません。
  3. 金品を取られる場合:物を取られて返ってこないなどはいじめです。
 

いじめは当人同士で何とか出来る問題ではないので、時には親の介入が必要となります。

いじめる側の人間は、自分たちの行動が悪いことだとは思っていません。

もちろん、相手がどう思っているかなどは気にすることもありません。

いじめがエスカレートしてしまうと、暴力沙汰にもなり非常に危険です。

もしいじめを見つけた場合は、しっかりと親が介入して、必要ならば相手の親にも介入し、いじめをなくす努力が必要です。

 
Sponsored Links

まとめ

子供同士の喧嘩に親は介入しない!親がとるべき行動と対応!子供同士の喧嘩は、親も心配になり、つい介入したくなるのです。

でも、子供が本当に大切なら、介入しないのが子供のためにもなります。

もちろん一対一の喧嘩ではない場合やいじめなどには、親が積極的に介入して下さい。

 

どちらにしても、子供からのSOSのサインを見逃さないことが大切です。

喧嘩をしてしまった子供は、いつもと態度が違っていることもあるでしょう。

そんな時には、介入するのではなく、手助けをしてあげましょう。

 

子供が喧嘩をした時に、親が取るべき行動は介入ではなく手助けなんです。

 

子供の喧嘩は必要なこともありますが、一方的に相手や自分の子供を責めるのではなく、両方の意見を聞くことも大切です。

最近は子供の喧嘩に親が介入してくることも多いと言いますが、子供の成長のためにも、自分で解決させてあげましょう。

そのうえで、どうしても解決しない場合だけ、手助けをしてあげるのが一番です。

誰だって自分の子供が一番可愛いので、相手が悪いと責めたくなる気持ちはわかりますが、自分が介入することで自分の子供の立場が悪くなることも考えてあげましょう。

 

子供がちゃんと「ごめんね。」と言えるように、親がしっかりと見守ってあげましょう!

RELATED POST