マタニティ

産後の薄毛が戻らない…抜け毛の原因と薄毛に効果のある食べ物!

産後って…どうしてこんなに髪の毛が抜けるの…?

 

薄毛や抜け毛を気にする男性は多いですが、女性も同じように悩んでる方は多いです。

いえ、むしろ女性の方がより薄毛を気にする感じがあります。

 

男性の場合は、ある意味「年だし、仕方ないか…」と諦めることも出来ますが、女性の場合薄毛になると年のせいにしたくない部分もあります。

特に、産後の薄毛を気にする女性は多く、びっくりするほど抜け毛が酷くなる方もいるんです。

それこそ、分け目の部分が薄くなったとか、髪のボリュームが減ったなどの悩みで、最近は女性のウィッグも増えています。

 

ただ、産後に全てのママさんが抜け毛が酷くなるわけではなく、個人差があります。

遺伝のせいかなと思うこともありますが、母親が抜け毛が酷くても、娘も抜け毛が酷くなるかというとそんなことはなく、多分生活習慣などが影響しているのではと思います。

とはいえ、多かれ少なかれ抜け毛のせいで薄毛に悩むママさんも多く、やはり産後は気になってしまうものです。

 

では、女性の特に産後に抜け毛が酷くなる原因にはどんなものがあるのでしょう?

 

原因がわかれば治すことも出来るかもしれないですし、対処法も見つかりますね。

薄毛に効果のある食べ物なども知りたくありませんか?

 

今回の記事を読んでもらえれば、薄毛の原因と対処法を知ることができますので、抜け毛や薄毛の悩みを解決しましょう!

 

なぜ妊娠すると髪の毛が抜けるの?

産後の抜け毛には、医学用語で「出産後脱毛症」とか「分娩後脱毛症」などと言われる種類があります。

実は、抜け毛には主に3つの原因があります。

今回は、その原因を3つご紹介します。

 

ホルモンバランスの関係

産後の抜け毛の原因の一つに「女性ホルモンのバランスの変化」があります。

女性ホルモンを大別すると「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があります。

 

二つのホルモンは、妊娠していない時には交互に現れて、女性の体の調子を整えてくれる働きがあります。

妊娠すると、二つの女性ホルモンは少しずつ増えていきますが、妊娠の後期になると普段分泌されない胎盤からも女性ホルモンが出るようになります。

妊娠前と比べると、女性ホルモンはかなりの量増えていくんですね。

ところが、出産してしまうと、二つのホルモンは急激に減っていきます。

 

産後に抜け毛が酷くなるのは、女性ホルモンが急激に減ることに体の調子が追い付かないことが原因で、そのために毛が抜けるなどの症状が現れるんですね。

 

毛髪サイクルが影響している

髪の毛は、実感できないだけで決まったサイクルで生え変わっています。

妊娠中は女性ホルモンの量が増えるので、髪の毛も本当なら抜けるはずの毛であっても抜けない状態になります。

 

ですから、産後に女性ホルモンが急激に減ることで、妊娠中に抜ける予定だった髪の毛が一気に抜けます。

本当は抜けるはずの毛だったのですから、抜けても問題ないように思えますが、一気に抜けてしまうことで、抜け毛が酷いと感じます。

 

髪の毛は次の毛根が成長するまでに3か月から4か月ほどの休止期間があります。

一気に抜けた髪の毛も本当は抜けるはずだったので、こちらも一気に休止期間に入ってしまいます。

 

そのせいで、新しく髪の毛が生えるまでの間に、薄毛の状態が続いてしまうんですね。

 

生活スタイルの変化

産後の抜け毛には、他にも生活スタイルが原因となることもあります。

特に初めて出産したママさんは、慣れない育児や家事など、とにかく忙しくなり、それがストレスなどの原因になることもあります。

疲労やストレス、睡眠不足など色々な問題が積もり積もって、抜け毛を増やしてしまうこともあるんですね。

 

産後の抜け毛の原因をご紹介しましたが、実はこの薄毛の問題は時間が経てば解消することがほとんどです。

どれだけ長くても8か月ほどで回復するそうなので、余り心配し過ぎて、それが逆にストレスにならないように気を付けて下さい。

抜け毛自体は、産後3~4か月頃に始まることもあり、育児に慣れた頃に自分のことが気になる時期だからこそ、普段より抜け毛が気になります。

 

実際には、抜け毛自体は長く続くものではなく、たまたま妊娠中に抜けるはずの毛が産後に抜けただけですので、余り気にせず、自然な回復を待ちましょう。

 
Sponsored Links

抜け毛はいつ止まる?

産後の抜け毛には、量もそうですが時期にも個人差があります。

多くのママさんは産後3~4か月くらいから抜け毛が始まりますが、何時になったら止まるのだろう?と不安に思うこともありますよね?

でも、安心して下さい!

 

個人差はありますが、多くのママさんは産後6か月から1年ほどで通常の髪の毛の量に戻ることがほとんどです。

 

抜け毛が酷くなると「何時までかかるんだろう?このまま生えないんじゃ?」と不安になることもあると思いますが、必ず止まる時期はやってきます。

産後の抜け毛は、前述もしましたが、本来抜けるはずの毛が抜けただけです。

 

いつまでも続くかも?という不安はあるかもしれませんが、きちんと対策を取っていれば、いつかは止まります。

ただ、抜け毛の原因が病気に関係している場合もありますので、何年も抜け毛が止まらないようなら、すぐにお医者さんを受診して下さい。

 

とは言え、本来の産後の抜け毛は止まるものだと考え、余り気にやまないようにすれば、少なくともストレスは軽減します。

ストレスも抜け毛の一つの原因でもあるので、早く抜け毛を止めたいのでしたら「いつかは止まる」と楽観的に生活するのが一番です。

 

Sponsored Links


産後の薄毛は自然と戻るの?

産後の薄毛は気になるものですが、自然に戻るのか気になりますよね?

結論から言いますと、自然に戻りますので安心して下さい。

そもそも抜け毛とは、以下にご紹介する理由が関係しています。

 

髪の抜け毛と成長とは?

実は髪の毛は、年で15cmほど伸びています。

その後2~6年ほどかけながら、段々と成長をしていきます。

 

髪の毛は「毛母細胞(もうぼさいぼう)」という細胞で作られますが、この細胞が衰えてしまうと、2週間ほどで成長が止まってしまい、その後抜け毛となります。

抜け毛があっても、3~4か月もすれば、また次の髪の毛が作られ、それと同時に古い髪の毛は抜けてしまいます。

 

新しい髪の毛は、生えかけなので「アホ毛」と呼ばれる短い毛になり、特に普段ロングの髪型のママさんは苦労すると思いますが、生えそろうのを気長に待ちましょう。

ただ、年を重ねると髪の毛が元に戻らないこともあります。

産後抜け毛が酷いのは、大抵のママさんが体験することですが、高齢出産の場合は少し注意が必要です。

抜け毛を減らすためにも、対策をしっかりとしたいものですね。

 

薄毛に効果のある食べ物

産後の薄毛が戻らない…抜け毛の原因と薄毛に効果のある食べ物!産後の薄毛に効果のある食べ物ってご存知ですか?

抜け毛を減らすことは出来なくても、出来れば早く薄毛を解消したいものですよね?

以下に、産後の薄毛に効果のある食べ物を9個ほどご紹介します。

 

タンパク質の多い食べ物

人間の体は水分が約60%、タンパク質約20%、残りが炭水化物などでできていると言われています。

また、タンパク質は髪の毛の成長を進めてくれますので、ぜひ沢山摂ってみて下さい。

髪の毛の栄養源の一つとしてタンパク質は欠かせません。

タンパク質には、動物性と植物性があります。

 

動物性たんぱく質が多い食材
  • 鶏肉や豚肉などの肉類
  • 鮭やあさりなどの魚介類
  • チーズや牛乳などの乳製品
植物性のタンパク質が多い食材
  • 大豆製品
  • イモ類
  • 小麦粉や白米
 

大豆で作られた食べ物

産後の抜け毛の原因は女性ホルモンにあると書きましたが、そのホルモンを補うなら、大豆イソフラボンの力を借りましょう。

大豆イソフラボンと女性ホルモンは似た働きがあるので、補うにはぴったりの食材です。

 

大豆イソフラボンが多く含まれる食材
  • 味噌
  • 豆腐
  • 納豆
  • 油揚げ
  • 大豆ドリンク
 

葉酸を含んだ食べ物

血行促進効果のある葉酸を含んだ食べ物を取ることで、髪の毛の栄養素もしっかりと血液に乗せて運んでくれます。

またタンパク質の働きを強める効果もあり、葉酸もなかなかに侮れません。

 

葉酸を多く含んだ食べ物
  • 焼きのり
  • たたみいわし
  • モロヘイヤ
  • ホウレン草
  • ブロッコリー
 

カルシウムを含んだ食べ物

カルシウムが不足してしまうと、血行が悪くなります。

血行が悪くなってしまうと、髪の毛に十分な栄養を届けることが出来ず、抜け毛を促進してしまいます。

また、カルシウムをしっかりと摂ることで、髪の毛にもコシが生まれ、ペタッとした髪の毛になるのを防いでくれる効果もあります。

 

カルシウムを多く含んだ食べ物
  • 煮干し
  • 干しエビ
  • 牛乳
  • チーズ
  • ゴマ
 

亜鉛を含んだ食べ物

タンパク質だけをとっても、それを髪の毛に変化させるには亜鉛が必須となります。

ですから、タンパク質とセットで亜鉛を摂ることで、髪の毛が早く生えてくるんですね。

せっかく生えてくる髪の毛ですから、健康的な髪の毛にしたいものですよね?

 

亜鉛を多く含んだ食べ物
  • 牡蠣
  • 煮干し
  • たらこ
  • ナッツ
  • 卵黄
 

鉄分を含んだ食べ物

産後は鉄分が不足しやすく、貧血を起こしやすくなります。

貧血になってしまうと、血液中の酸素が足りなくなり、髪の毛の毛根にも酸素が届かなくなります。

結果、髪の毛が抜けやすい状態になってしまうので、鉄分で貧血を防ぐのも抜け毛予防になります。

 

鉄分を多く含んだ食べ物
  • ひじき
  • あさり
  • 煮干し
  • 豚肉や鶏肉のレバー
 

海藻類

海藻にはミネラルが豊富に含まれることで、血行を促進する効果があります。

血流が良くなれば、髪の毛にもしっかりと栄養が届けられ、抜け毛予防にもなります。

また、亜鉛と同じように髪の毛を健康にしてくれる効果もありますので、積極的に摂りたいですね。

 

産後の抜け毛に効果的な海藻類
  • わかめ
  • 焼きのり
  • ひじき
  • もずく
 

ビタミンB2を含んだ食べ物

新しい細胞を作り出してくれるビタミンB2は、健康的な細胞も作ってくれる効果があります。

ビタミンB2が豊富に摂れれば、新陳代謝も活発になり、血流も良くなります。

血液の循環が良くなれば、髪の毛にも栄養が行きわたり、結果的に抜け毛予防も出来るようになります。

 

ビタミンB2を多く含んだ食べ物
  • レバー
  • うなぎ
  • 納豆
  • たらこ
  • うに
 

ビタミンB6を含んだ食べ物

ビタミンB6は、タンパク質の働きを助けてくれる効果があります。

意外と知られていないことですが、髪の毛は「ケラチン」と呼ばれる物で出来ており、タンパク質だけではケラチンが作られないんです。

髪の毛を作る栄養素の一つであるケラチンは、タンパク質と一緒に取ることで効果を発揮します。

ぜひ、タンパク質と一緒に摂るようにして下さい。

 

ビタミンB6を多く含んだ食べ物
  • にんにく
  • マグロ
  • 鶏のひき肉やささみ
  • かつお
  • さんま
  • しめじ
 

産後の抜け毛を減らしたいなら、栄養バランスが非常に大切なんですね。

ダイエットしたくなる気持ちもわかりますが、どうせなら健康的に栄養バランスの良い食事を取るように心がけて下さい。

 
Sponsored Links

まとめ


産後の薄毛や抜け毛の原因には、女性ホルモンが関係していたんですね。

ママさんの中には「私抜け毛なかったけど?」という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実際にはほとんどの人が体験していることであり、人によって抜け毛が少なく感じたり、抜け毛自体に気づかなかったりする人がいるだけです。

 

産後は体の急激な変化や育児のストレスなどが重なって、それに体が追い付かないことで、抜け毛が増えてしまうこともあります。

でも何度も言いますが、産後に薄毛になるのは当たり前のことなんです。

皆が経験している一過性のものだとわかれば、抜け毛も気にならなくなりませんか?

ほとんどの方の抜け毛は半年ほどで回復します。

何時になったら終わるの?と不安になることもあるでしょう。

でも抜け毛が終わらないことはないので安心して下さい。

 

薄毛が気になる時には、ヘアスタイルを変えるなどして出来るだけ気にならないようにしましょう。

産後の薄毛は子供を産んだ証でもあり、勲章のようなものです。

 

産後にしか出来ない貴重な経験であると考えれば、新しく髪の毛が生える時が楽しくなりますね!

RELATED POST